読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

ドイツ人から勧められた本

ポストクロッシングで届いたドイツからのポストカードに、ある本が紹介されていました。 「Address Unknown」

バルセロナの美しいポストカード

ポストクロッシングで日々届くポストカードがたまってくると、時々、処分しないとなりません。画像では残してあるので、この際実物とは潔く決別! そこで、過去にいただいたカードの束をほじくり返していて、「お宝」を発掘しました。美しすぎる切手です。

ポスクロで送ったカードに「お気に入り」が連打された件

ポストクロッシングで自分が送ったカードはできるだけ事前にアップロードしておきます。個人的な備忘録のためでもあり、相手の手元に届き、登録作業をしてくれれば、その瞬間にカードの画像も公けになるので、私のポスクロ活動の記録にもなります。そして、…

リトアニア・ラトヴィアへの旅行は保険加入を!

ポストクロッシングを通じて知り合ったリトアニア人の友達夫婦が、一週間東京に来ておりました。数日間、(必死で)おもてなしをしたことについては後日、書こうと思います。本日は、そのおもてなしを手伝ってくれた若き友人Sの、海外旅行保険の悩みについて…

ポスクロとバトンルージュ

リアルが充実しすぎているとブログがおろそかになりますーーそんなことを痛感しています。当ブログを放置して以来、とんでもない月日が経ちました。今日、どうしても記録しておきたいことが起きたので、再開します!

国際化するご当地フォルムカード

ポストクロッシング(ポスクロ)をやっていると、非常に高い確率で 「GOTOCHIカードを集めています」 的な書き込みがされたプロフィールにぶち当たります。 さて、このほど第八弾が発売されました。その情報はすでに海外のユーザーにも届いていて、 …

おおきなかぶのポストカード

ロシアの民話を基にした絵本『おおきなかぶ』、幼いときに何度も読みました。 「うんとこしょ、どっこいしょ」 この掛け声、聞き覚えのある方もいらっしゃいますよね。 私が楽しく読んでいた絵本は、佐藤忠良氏の挿絵が美しいこちらの一冊です。 おおきなか…

Postcrossingデザインの切手

日本では望むべくもないのでしょうが、ポストクロッシングが盛んな国では、「ご愛顧に感謝して(?)」ポスクロを語った切手が発行されます。最近届いたハガキにも貼ってあったことがきっかけになって、以前に届いたものもひっくり返してみると、あるあるー…

ポスクロの郵便物でお金が届いたんですが

ポストクロッシングは、基本、ポストカードをランダムに送りあうので、封筒に入ったエアメールが届くことはまれです。それに私は、汚れようと破れようと、ポストカードがたどった旅を想像したいので、完品美品のカードには興味がなく、ポストカードには切手…

Thank-youカードがまた来たぞ

前回、スロバキアと台湾から届いたお礼状のことを書きました。その後、また来たんです、私が出したポストクロッシングのポストカードに対するお礼状が!

Thank-you カードが続々と

海外の方とランダムにポストカードをやりとりするポストクロッシングを始めて、試行錯誤の末、なぜか最近、 「あなたにお礼状を出したいので住所を教えてほしい」 と言われることが増えております。ありがたいことじゃ! そして数日前、どどどーんと、その手…

海外発のエアメール代金

昨日、イタリアから摩訶不思議なポストカードが届きました。切手が€0.15分しか貼ってないのです。こんなことが許されていいのでしょうか! 途中ではがれた分があったとも思えないので、ひょっとしたら格安で送る方法がイタリアにはあるのか、どうしても知り…

リトアニアと日本の国交回復25周年記念切手

今年が、バルト三国のリトアニアと日本の国交回復25周年であることを認識している日本人は、果たして何人いるでしょうか? 私はこの前までぜーんぜん知りませんでした。ですが、今は知っています。だって、こんなにビューティフルな記念切手が届いたんですも…

ご当地フォルムカードのあれこれ

県ごとに「ご当地」限定で販売されている切り抜きタイプのポストカードが、海外のポスクロッサーに大人気です。この商品が企画された当初は、もちろん、国内に送ることだけを想定していたでしょうが、昨今、フォルムカードを買って、外国に送る非日本人も出…

最近の国内旅行の楽しみ

長いことこちらのブログの更新をさぼっておりましたが、復活します(続ける努力をしてみる予定)。更新しなかった理由は多々ありますが、日々の生活が非常に忙しくなってしまったことが最大要因です。平穏な日々が戻り、旅やお手紙がらみで楽しいことが続い…

ポスクロで知り合ったリトアニア人が東京にやってくる

私にはポストクロッシングをきっかけに仲良くなり、実際にお会いし、ご自宅に泊めていただくまでになったリトアニア人の友人がいることは、すでにブログで書きました。その人とは別に、私にオフィシャルのカードを送ってきた女性のことを、今日は書こうと思…

米原万里さんを通して「知る」チェコ

米原万里さんの大宅荘一ノンフィクション賞受賞作『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』を、息もつかずに一気に読みました。読んだのは、貼り付けたKindle版ではなく文庫版です。 嘘つきアーニャの真っ赤な真実<嘘つきアーニャの真っ赤な真実> (角川文庫) 作者: …

meet-upカードがドイツから来た!

こ~んなにたくさんのサインがあるカードが届きました! 一体、何人のサインがあるやら。数えるのも大変で、あきらめました。(私の住所はラーメン形の消しゴムで隠しました) 10月22日~25日、インターナショナルなミートアップ(日本風には「オフ会」、か…

「百塔の町」プラハに行きます

うじうじうじうじ考えていたけれど、チェコに行くことを決めました。決めたらスッキリ! じっくりと旅するために、できれば二週間。師走の忙しい時期に突入する前に帰国できる日程でハンガリーとチェコとで悩みに悩み、結局チェコを選びました。シリアからの…

トム・オブ・フィンランドがついに届いた

トム・オブ・フィンランドの名で知られるフィンランドのアーティスト。本名は、Touko Laaksonen。はい、ゲイです。いかにも、フツーではない。いつか手に入れたいと思っていたところ、ポスクロで届きました。やっぱ、迫力あります。

オランダの男子大学生のことPart2

村上春樹好きで、ちょっと繊細な感じのする文学青年のB君は、オランダの大学生です。彼とは縁あって、時々、ポストカードのやり取りをする「仲」になっている話は、昨日、書きました。 travelsuomi.hatenablog.com

オランダの男子大学生のことPart1

ポスクロの話題を続けます。今年の春ごろ、オランダの大学生Bの住所が割り振られたとき、彼が希望している浮世絵のカードを送りました。受け取った彼はそのポストカードを喜んでくれて、「お礼状を出したいので住所を教えてほしい」と言ってきました。時々こ…

エアメール用の差額切手

海外にほぼ毎日、エアメールでハガキ(封筒ではなく、ね)を送っている日本全国のみなさんが、心待ちにしていた18円切手が、今日、発売になりました。日常的にハガキを外国に向けて送っているポストクロッサーの方々のブログには、今日、このことに関する記…

世界遺産のポストカードコレクター

世の中には色々なコレクションアイテムがありますが、世界遺産のポストカードをコンプリートしようとしている人たちの熱意には異様なものがあります。もちろん、私が個人的に直面した経験に基づいての感想ですが、先鋭化しているとすら思えるほど。で、楽し…

ライオンの雄姿にフィンランドのデザイン切手

ポスクロで知り合ったフィンランドの女の子のペンパルMから、唐突に送られてきたライオンの雄姿。ストックホルムまでクルーズで行き、FotografiskaでNick Brandtの展示を見てきたといいます。

SEXY過ぎる切手

何じゃこりゃ! 私は衝撃を受けました。みなさんはいかがですか?

ポスクロではツライこともたまには起きる

海外の人たちとポストカードを送りあうことに日々、喜びを感じて、ここ3年ほど生きてまいりました。その間、楽しいことばかりではなく、不愉快なことも時たま起こりました。その都度、「世界には色々な考えの人がいるもんだ」ということを思い知らされるわけ…

ポスクロが日経新聞で紹介されました

本日、日本経済新聞の夕刊に「今こそ文通 魅力再発見」という見出しを発見、もしやと思って読んでみましたら、ポストクロッシングが紹介されていました!

バルト三国再独立の小型印!?

ポストクロッシング(ポスクロ)を通じて知り合った香港の女子から、「できれば、風景印で送ってください」と頼まれてからというもの、普通の消印とは違う、凝ったデザインのモノが時々気になっております。 何とな~くサーチしていたら、こともあろうか、『…

あこがれの地―トラカイへ

リトアニアに行くことがあれば、絶対に行きたいーーずっとあこがれていた地、それがトラカイです。

急に身近になったリトアニアという国

私がリトアニアという国を意識し始めたきっかけは、この1枚のハガキでした。 ポストクロッシングで知り合った、首都ビリニュスに住むIさんが送ってくれたほのぼのとしたイラストのポストカードに、とても心惹かれたのです。

ポスクロで世界の最前線とつながってる実感

きのうのことですが、久しぶりにPostcrossingのオフィシャルで、マレーシアの方からカードが届きました。今、「話題」のマレーシア。

フィンランドがらみの本を立て続けに読みました

フィンランド人作家の本 昨年末、ポストクロッシングで面白いカードをいただきました。フィンランドを代表する作家ソフィ・オクサネンの次作のADカードです。

フィンランドから届いた冬のムーミンギフト

ポストクロッシングで知り合ったMiaちゃんから、冬のムーミンギフトが届きました。 かわいいトナカイのラッピングの中に、今度はムーミンキャラクターのペーパーバッグ!

トーベ・ヤンソン生誕100周年イヤー

今年はムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンさんの生誕100周年イヤーですね! さっそくですが、トーベ・ヤンソンの直筆の手紙が見られます! イギリスの新聞The Observerの読者Ruth McKayさんが、7歳のときにトーベに送ったファンレターへのお返事について…

台湾からのエアメール代金のナゾ *追記しました

お友だちがブログで、台湾からのエアメール代金にまつわる「謎」について書いていたので、ふと思い立ち、去年台湾からいただいたポストカードに貼ってある切手をチェックしてみました。 ポスクロで届いたものでは、 13元が1枚 12元が3枚 10元が14枚 上記のブ…

グリーティング切手、もっと発見

きのう、postcrossingで2013年に届いた「季節のごあいさつ」用のきれいな切手をいくつかご紹介しました。その後、すべてのポストカードを引っ掻き回すことになり(そのことについては後で書きます)、新たに「めでたい」切手が出てたため、追加でご披露しま…

海外から届いためでたい切手

みなさま、あけましておめでとうございます 三が日も過ぎたところで、ブログ再開します。 海外の人たちとポストカードをランダムに送りあう「ポストクロッシング」を始めて二度目のクリスマスシーズンが終わりました。Season's greetingsということで、新年…

フィンランドの働くポスト

ムーミンアドベントカレンダー 本日(12月20日)のフィギュアは、スティンキーです! もう少し、毛むくじゃら感が欲しかったかな。コミックとアニメにのみ登場するキャラクターなんですって。本国での名前はHaisuliです。 さて、私のブログを見に来て下さる…

ポストクロッシング 日本郵便がやり方指南

感慨無量です。日本郵便のHPで、ポストクロッシングのやり方をものすご~く懇切丁寧にやり方を説明しています。ここをご覧ください。 このことは、ポスクロのフェイスブックのタイムラインで知りました。あまりの丁寧ぶりに、海外のユーザーが「すっごく親切…

かわいいポストクロッサーのお話

心温まるカードをいただきました。正確にいうと、カードそのものではなく、送って下さった方のプロフィールが、すごくほのぼのしていたので、ご紹介したいと思います。 送り主さんはクロアチアのNさん。国立公園のカードを送ってくれました。このタイミング…

フィンランドからサプライズ!

ポストクロッシングっていいな~としみじみ思う出来事がありました。 今日、たくさん受け取ったポストカードの中に、 「こりゃなんだ」 という1枚が紛れ込んでいました。かわいいネコちゃんのカードなのですが、素性が「?」だったんです。 調べたらこういう…

日本から初めてポストカードを受け取った人たち

久し振りにポストクロッシングの話題。 本日、ベルギーとチェコに送ったオフィシャルのカードが相手に届きました。 ベルギーの方はそもそも、ポスクロを始めて間もなく、初めて受け取ったのが私からのカードという方。チェコのメンバーもまだ40枚台で、日本…

つらいことを知らない人に話す

ポストクロッシングで最近、心にしみるーーでも少しつらいーー体験をしました。 私にオフィシャルのカードを送ってくれたオランダの女性。去年、初めての赤ちゃんを出産したのですが、死産だったそうです。 今でもつらくて悲しくてたまらないけれど、ボーイ…

Laplandから超特急でハガキが来た!

いつかは来ると期待していました。 フィンランドはポストクロッシングのユーザー数が多い国のひとつですから(人口が少ない小国の割にすごい熱心)、いつかは、北極圏のラップランドから来ることもあろうと、待つこと1年とちょっと。ついにその日が来ました!…

オージーからお礼状

ポストクロッシングをやっていると、時々、「お礼状を出したい」と言われることがあります。私は割り振られた送り先にハガキを出すわけですが、たまたま、その時の話題で盛り上がったりすると、 「私からも出しますね」 とか言って下さることがあります。私…

飛行機が続々届く

ポストクロッシングをやっていると、希望のリストを読んで、好みを送ってくれる人がかなり多くて、世の中には親切な人が多いもんだと感動します。私のリストはあまり長くなくて、基本、何でもOKにしているのですが、それでも、リストの中から、猫とかフクロ…

ポスクロで同じ人からオフィシャルが2度届く「怪」

ポストクロッシングのオフィシャルでのやりとりは、基本的に1度きりです。コンピューターが割り振ってきた相手に(文句も言わずに)出して、受け取ってもらったら、おしまい。私が同じ人に2度出すことはありません。もちろん、私が出した相手に私の住所が割…

エアメールが驚きの速さで届いた

最速記録。3日。 どこから? そりゃ、もちろん、優等生のフィンランドからです。 フィンランドの一番小さな町(と送り主の8歳の女の子は言う)から、3日ですよ! 別に、ヘルシンキ空港の近くの町というわけでもありません。すごいなあ。一体どうやったら、こ…

うれしいハガキ

毎日楽しいことが起きているのに、忙しすぎてなかなかブログが書けておりません。でもどうしても記しておきたいハガキが2通。 遊牧民の国モンゴルの絵はがき ウランバートルから来ましたーーと言いたいところですが、これは、実はモンゴル人留学生が名古屋か…