読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

travel

楽しかった松本(彌生ちゃん編)

蔵が並んでいる中町通りでのショッピングを終え、最寄りの龍興寺バス停で循環バスを待っていると、来ました、ヤヨイバス(私が勝手に命名)。 うちの両親たら、大コーフンです。は~い、これから乗車しますよん。 で、車内もすごいことになっておりました。…

楽しかった松本(伝統編)

信州に来たら、必ず足を延ばしたい特別な町が松本です。念願かなって、再訪できました。今回は両親と一緒で、若干、親孝行的な要素を入れたつもりだったのですが、結局、お世話になりっぱなしでした。 最初は、私たち全員が大好きな松本民芸館へ。ここは、路…

信州の幸あれこれ

両親ともに信州人のため、私は一度も長野県に住んだことがないのに、長野県人のソウルフードに親しんで育ちました。そして、恐ろしいことに、時々食べたくなってしまう自分がいるんです。 その筆頭が、信州人がこれなくしては夏を過ごせない食べ物ーーそれは…

難所続きの南アルプス仙水峠へ

昨日から両親のサマーハウス(またの名を、父が受け継いだ自分の生家in長野県)に来ております。酷暑の東京を逃げ出して、いい感じ~。 長野行の準備を東京の自宅でしていると、父(高校・大学時代、山岳部部長)から 「おい、一緒に山に行かないか? 半日く…

リトアニアレポート 【ヴィリニュスの町中と市場】

私は時差ボケにけっこう悩まされるタイプでして、特に仕事がらみだったりすると、何かと心配で熟睡できません。案の定、リトアニアの最初の夜も寝つけず、朝も早くから目が覚めてしまいました。 そこで、ホテルの近くを一人でお散歩。 前の晩、雨がしとしと…

リトアニアレポート 【ホテル Grotthuss】

一泊だけでしたが、素敵なホテルに泊まりました。四つ星のGrotthuss 。 旧市街にあるので、玄関前の道までバスが入れず、途中下車して、あとはゴトゴト、スーツケースを引きずって運びました。 部屋に入って最初に下のが、下の写真の撮影です。 天井には、こ…

リトアニアレポート 【フィンエアーでビリニュスへ】

5月の末にバルト諸国のリトアニアとラトビアに行ってきました。 行かれる方はまだまだ少ないと思いますので、少しご紹介します。 まずはルート。日本からは絶対にヘルシンキ経由が便利です。なぜって? 日本から直行便で飛べるヨーロッパの都市で一番近いの…

ヘルシンキ空港でのTAX REFUND情報 as of June 2013 (追記あり)

ヘルシンキからEU圏を出国される方だと思いますが、TAX REFUNDのキーワードからこちらのブログを見に来てくださる方が一定数いらっしゃることが分ったので、注意事項を申し上げます。去年の記事は参考にしないでください! 最大の違いは、長距離便ターミナル…

スイスが東南アジアになっている~

毎日毎日、本当に暑いし、ゲリラ豪雨以外の雨の降り方が記憶にないほど、東京は東南アジア化しているなーーと思っていたら、どうもスイスもそうらしいです。 そのことは、今朝、知り合いのスイス人スザンヌから来たメールで知りました。 この1カ月ほどほと…

ソウル旅行⑪酒場ルポ

私と日本語ボランティア仲間のレイコちゃんのソウル旅行も、今年で何と4回目。 かつての留学生たちと、現地で再会するのが楽しい旅でもあります。 今回も大勢集まってくれて、感激、感激の日々でした。みんな、何とか日本語をキープしているのも嬉しい! 私…

ソウル旅行⑩甘いモノルポ

今年の韓国は天気悪かったみたいですね。ソウルはようやく梅雨が明けたとか。確かに私たちが滞在した6日間、ず~っと雨でした。 それでも、私は韓国のパッピンス(あえて言うなら豪華なトッピングつきの「かき氷」)を食べたくて仕方がありませんでした。町…

ソウル旅行⑨満腹の精進料理

年下のレイコちゃんとは、今までどちらかというとお安めの宿に泊まるソウル旅行を繰り返してきました。しかし、今年はレイコちゃんが"大台"に乗ったことを契機に「ラグジュアリー」を1つのテーマにして、すこ~し大人なこともやってみる旅といたしました。 …

ソウル旅行⑧お茶も買った

今回のソウル旅行は、思ったほどモノを買っていない感じがしていたのですが、こうやって整理してみると、ボチボチ、今まで買ったことのなかったものを手に入れていることに気が付きました。 緑茶 OSULLOCのことは、昨夏の旅行で知りました。 店頭で試飲させ…

ソウル旅行⑦いとしの調味料

私の今回の渡韓最大のミッションは、塩の購入。これがないと、我が家のキッチンは回りません。 ここ10年近く、味の決め手はこの塩に頼りっぱなし。うちの夫ですら、 「最後にコレをちょこっと入れると、何でもうまくなるんだよな」 と言っております。お料理…

ソウル旅行⑥韓国人家庭でのランチ♫

ソウル滞在中、思いがけないご招待にあずかりました。 一般韓国人がフツーに食べている食事を、ご自宅でいただくというぜいたく♫ みなさまにもおすそ分けしまっす! ちょっと笑っちゃうのですが、招待してくれた女子友には「お料理上手なママ」がいて、これ…

ソウル旅行⑤ 全州には行かれなかった

韓国には10回数回行っているので、そろそろ、未体験ゾーンをつぶしていこうと思って、全州行きを決めていました。はい、ホテルも予約し、足も確保して。 しか~し、アクシデントが起きたのです。 ソウル2日目の朝、外国人オンリーの無料シャトルバスに乗る…

ソウル旅行④ CROWN HOTELあれこれ

私は強力な晴れ女――という自信が去年まではあったのですが、今年はどうも、そのパワーが落ち気味です。今回のソウルは、ず~っと雨降り。お陰で、酷暑の東京から避難していった私たちは、涼しさを満喫できたとも言えますが、真夏の洋服ばかり持参したため、…

ソウル旅行③ 怪しい占いカフェ

今回のソウル滞在は、時間の余裕もあったため、今まで積み残した課題をひとつずつつぶす旅でもありました。 その一つが、占い。これは、レイコちゃんが、やりたい、やりたい、とうるさくて、ソウル在住の知り合いに、行きつけの先生を予約してもらおうとした…

ソウル旅行② PSYがいっぱい

「カンナムスタイル」で世界を驚かせたPSY。一時、はまっていたことがありますが、彼は今でも本場で「旬」でした。あちこちで、お姿を発見しました! 一番驚いたのが、切手になっていたことです。 しかも、アンディ・ウォーホール風じゃありませんか! あ…

ソウル旅行① 驚いたことから

行ってきました、旅友の年下友だちレイコちゃんとのソウル旅行。 思い立って一週間後には旅立ったという超高速で、まさに、韓国人がよく口にする「パリパリ」(早く、早くぅ、みたいな感じ、かな?)。準備が追い付かないまま、着の身着のまま的な感じでした…

この夏、旅行先として韓国が不人気だそうで

今朝、テレビで今年の夏休みの渡航先ランキングをやっていました。韓国は、ここ何年か上位の常連だったそうですが、今年は7位に陥落。それを「異変」として報道していたのですが、そういう時期に韓国に旅行しようとしている私って、完全にトレンドからはずれ…

すべてのことがつながって・・・韓国に行きます

思い起こせば、非常にめまぐるしい数日間でした。一週間前にはまだ「種」ですらなかった今年の韓国旅行、急に芽を出して大きく育ってしまったのです。 先週の水曜日、旅友のれいこちゃんと野暮用で会うことになっていて、私の都合でアポを午前中に変えてもら…

これからはバルト3国が来る!

さっき、旅友達のレイコちゃんがLINEで 「フィガロジャポンの特集、バルト三国だったですね」 と言ってきました。 そうなんです、今日発売のこの雑誌、 「知らなかった北欧へ エストニア、ラトビア、リトアニア 可愛いもの探し。」 という旅特集で、もうご覧…

今頃出るなんて

久し振りに本屋に行って大発見。 あれほど探しても見つからなかったバスク地方のガイド本が出版されていました。 これです。 スペイン 美・食の旅 バスク&ナバーラ (コロナ・ブックス (181))作者: 菅原千代志,山口純子出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2013/0…

ヘルシンキ空港が変わった

バルト諸国への出張は、もちろんヘルシンキ空港でトランジットでした。 帰国の際、フィンエアーの知り合いM氏が会いに来てくれて、空港の最新情報を教えてくれたのですが、この夏、日本の旅行者が絶対に知っておいた方がいい情報がありますので、シェアしま…

ブログ再開はリトアニアでのサプライズについて

バルト諸国に出張していて、帰国後10日も経ってしまった。 海外に10日いたので、合計20日もブログをさぼったことになる。 書かなかった理由は色々あるけれど、書きたいことを「書けない」というのが最大の理由かな。これが、出張で海外に行く最大のデメリッ…

何で私のRIMOWAはこんなに壊れるんだ?

私のRIMOWAのスーツケースが、また壊れました。 最初は、買って早々にタイヤが破損。これは、RMOWAユーザーの友だちも同じことを経験していたので、 「やっぱりこのタイプのRIMOWAは、構造に問題があるんじゃないか」 という話になりました。 そして今、明日…

ようやく開運か

2か月ほど前のこと。 ヨガの先生が生徒にアンケートを配られました。その中に、 「ヨガにどんなことを期待していますか」 という質問があったので、 ズバリ、 「開運」 と書いて提出しました。 なんでこんな突拍子もないことを書いたかというと、ヨガを始め…

フィンエアーでカラオケ

今年の4月22日で、フィンエアーのヘルシンキ―成田線が就航30周年ですって! で、機内でカラオケ大会やったそうです。Rocking the Skies: In-Flight Karaoke en Route to ... フィンランド語の「上を向いて歩こう」を聞けますよ。 ビジネスクラスには、サクラ…

バスク旅行記⑲ 最後にハプニングが待っていた~~

前回の旅行記で、カーニバルに出くわしてウキウキし、ホテルに戻って悪夢が始まったことを書きました。順調に推移していた私たちのバスク旅行、最後の最後で、まさかのハプニングです。海外旅行のお出かけの予定のある方には、何かのご参考になると思います…

バスク旅行記⑱ カーニバルに遭遇

2月に行ったスペイン・バスク地方への旅行記、久々の更新になってしまいました。 帰国直前の思い出深い出来事について、まとめておきましょう。 この日は、朝一番で旧市街に向かいました。すると、前日までなかった、すごくヘンテコな物体が劇場前の広場に…

日光に行ってきました

年の初めに「行きたい場所リスト」を作ってみたのですが、図らずして一か所、行くことができました。 日光~~~。 ひょんなことで鬼怒川温泉に2泊3日で行くことになり、連泊の間の日を、さてどうやって過ごそうかと考えたとき、年下の旅友だちレイコちゃん…

バスク旅行記⑰ 世界遺産のビスカヤ橋

ビルバオのもう一つの売りは、世界遺産のビスカヤ橋です。 建物好き、有名な場所好きな方なら、絶対に気に入ってもらえる場所です。行くまでは「どんなもんかなあ」と思っていましたが、鉄の構造物の美しさに魅了されました。 ちょうど、旅に出る前に見てい…

バスク旅行記⑯ 熱いぞ! アスレチック・クラブ

ヨーロッパではサッカーチームが地元に密着していて、「おらが街のクラブ」を熱烈に応援することで有名ですが、御多分にもれず、ビルバオにも熱いクラブがあります。その名も、アスレチック・クラブ。世間的にはアスレチック・ビルバオとして親しまれている…

バスク旅行記⑮ グッゲンハイム、外から中から

いい加減、グッゲンハイム美術館の中へ入りましょう。最初に入ったのは、実はカフェの利用のため。寒くて寒くてどうしようもなく、とにかく温かいものを飲みたいと思って駆け込んだのです。 おしゃれではあるけれど、別にそれほどでもないなあーーそれにドリ…

バスク旅行記⑭ 狂喜・狂気のグッゲンハイム

私たちが愛してやまないグッゲンハイム・ビルバオ美術館ではございますが、この建物自体をためつすがめつするうちに、この物体というかプロジェクトそのものを表現する言葉は「狂気」であるということに落ち着きました。とにかく、やりたい放題やってしまっ…

バスク旅行記⑫ ビルバオへ移動

バスク旅行記を最初、ド丁寧にやっていたら、まだサン・セバスチャンを出ていません。のろのろしているうちに、東京に春がやってきてしまい、あの寒かったバスク旅行のリアリティーが薄れていく~~~。これからはチャッチャと更新することを心がけつつ、あ…

バスク旅行記⑪ 地元食材への愛

バスク地方はスペインとフランスにまたがる「国」で、独特のアイデンティティーを持つ地域だそうです。それは、地元産の食材への熱い愛にも十分現れているように思いました。 バスクの食材だけを扱っているというお店が、サン・セバスチャンにありました。LU…

バスク旅行記⑩ ホテルの朝食

やっぱり、スペインのホテルの朝食はよかった! サン・セバスチャンのホテルの朝食が素晴らしかったので、ぜひご紹介したいと思います。 私は、東京の自宅にいる時、めったなことで朝食を口にしないのですが(起床時間にかかわらず)、海外では朝から大食漢…

バスク旅行記⑨ ALAMEDA

いよいよ、ALAMEDAのご紹介です。何度も言いますが、私は決して外食グルメなタイプではないので、それぞれのお食事について、説明ができません。「おいしかった~」の連続ではあほ丸出しなので、みなさまには写真をご覧いただければと思います。実際問題、ミ…

バスク旅行記⑧ ALAMEDAまでの道

私は食材にはうるさい方ですが、実は、高級レストランでのお食事などの外食グルメにはさほど熱心ではありません。ですが、 「世界に冠たる美食の街まで遠路はるばるやってきて、まともなレストランで一度も食事をしないのは、あまりに悲しすぎる」 と、夫が…

バスク旅行記⑦ オンダリビアの旧市街

私たちの8泊11日(往復とも機内泊したため)の旅で、一日中雨が降らなかったのは、オンダリビアにショートトリップすると決めていた日だけでした。しかも、絵にかいたような快晴で、ラッキー。海沿いのリゾート地です。晴れてくれないと、雰囲気出ませんから…

バスク旅行記⑥ 西仏国境の町オンダリビアへ

前回のシードラ醸造所の記事から1日前に戻ります。 念願のバスク地方に到着した日は大雨。サンセバスチャンのホテルのフロントで 「もう1週間、ずっとこんな感じの雨降りよ」 と聞かされて、ざんね~~んな思いになっていたのですが、翌朝はピーカンでした!…

バスク旅行記⑤ シードラ醸造所

スペイン語はおろかバスク語などまったくお手上げの私たちにとって、宿泊先のホテルのフロントスタッフは、まさにコンシェルジェであり、辞書であり、観光案内所であり、予約請負人であり、私たちがやりたいことを実現するためになくてはならない方々でした…

バスク旅行記④ 美食の都に到着

過日、id:zepp69さんから飛行機の小ささについてコメントをいただいたので、本日は機内の狭さのご紹介からいきましょう。ほれ、こんな感じです。 各列、左右2席ずつ。もちろん、前の座席とはとっても近いですよ。みなさん、バスにでも乗るような雰囲気で、身…

バスク旅行記③ ビルバオ空港カッコいい!

ほぼ定刻の9時過ぎにビルバオ空港に着きました。日本は午後5時ですから、家を出てから約1日がかりでした。 初めて足を踏み入れたバスク地方。思いっきり曇天ーー。 飛行機を降りてから最初の1枚です↑↑↑。この後、今度は夫も一緒になって無邪気に撮ってい…

バスク旅行記② シャルルドゴールについたはいいが

ヨーロッパに行くなら、12時間フライトは覚悟せいーーと言われても仕方ないんですが、ここ数年、私が何とかヨーロッパに行くことを「嫌がらなかった」最大の理由がヘルシンキ経由だったことです。何てったって公称「9時間半の空の旅」ですからね。ちょっと寝…

バスク旅行記①(パリ経由で)

行ってきました、スペインバスク! 「思ったよりはるかに素晴らしかった!」 天気には残念ながら恵まれませんでした。でも、それを補って余りあるほど、私たちにとっては感動の日々だったのです。 それにして、こんなに情報がないままで海外に旅行したのは初…

今年は聖地へ、そして、ささやかな今年の目標

正月休みに散歩先のカフェで、いきなり、「旅行に行きたい先リストアップしよう」とやってみました。事前に「あそこに行きたい」と考えていると、その場所に関する情報がアンテナにひっかかりやすくなるし、情報を集めておけば、行動に移す時もスムーズです…

海外旅行の直後は仕事、かぁ

念願のスペイン・バスク地方への旅行を決め、航空券を押さえたらほっとしちゃって、宿のことは手を付けずにいたのですが、昨晩、とうとうホテルも予約しました。ネット予約は便利ですが、あーでもない、こーでもないとあれこれ検討していると、2,3時間は平…