読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

夜の台南~後半

台南の街であれこれつまみながら、おなかがふくれてきたころ、才媛Yさんい無理を言って、私がどうしても行きたかった中国茶のお店「奉茶」に連れて行ってもらいました。店の外ではお客さんがお茶しているのですが、店内は誰もいない!「もう閉店?」とあせったら、まず、男性が一人入ってきて(この人は超常連客でした)、その後しばらくして店主も現れ、何とか接客してもらえたのでした。この店は、客がいる限りは何時まででも、営業すると言っていました。

f:id:travelsuomi:20120407222657j:plain

この男性が店主。次々に色々なお茶を飲ませてくださいます。中国茶は体を温める効果が高いのか、試飲を重ねるうちに体が内側からほてってきたのがわかりました。冷え症対策にはおすすめ。私だけでなく、普段はあまり中国茶を飲まないYさんも、「汗かいてきました~」と言ってましたから。

f:id:travelsuomi:20120407205843j:plain

 

このお店の商品は、とにかくパッケージがかわいい! 女子へのおみやげはここで決まり!な感じです。

f:id:travelsuomi:20120407205916j:plain

ちなみにですが、台湾茶のティーバッグのアソートメントを独身女子へのおみやげにしたところ、好評でした。味が、じゃなくて、「デザインがかわいい~」ということでw。

f:id:travelsuomi:20120502161119j:plain

 

70代の母には、「お年寄り向け」と言われたのティーバッグを持参。このお茶も、冷え性対策にばっちりで、体が温かくなるのが実感できたようです。私はこちらで、中国茶2種類と、台湾産の紅茶を2種類買いました!これで、体の冷えを解消するぞ~!

台湾通で知られる作家の青木由香さんも来たよ~と、サインを見せていただきました。私たちが訪れた日の翌日、青木さんが日本のテレビ局のクルーを連れて取材にくるとも言っていました。どこの局なのか、何の番組なのか、いつ放送されるのかなど、一切分かりません(たぶん、ご主人も知らない)。確かこの店、NHKの番組にも出ていたらしいです。

f:id:travelsuomi:20120407210707j:plain

「明日の午後、何してるの? お茶会やるから、よかったらぜひどうぞ」と誘ってくださって、本心は行きたかった……でも、すでにスケジュールが詰まっていたので、泣く泣く断念。ご主人もお店のスタッフの女性も、心の底から親切でした。だって、「来られそうだったら電話してね」と、お二人の携帯電話の番号までメモして渡してくださったんです! 台湾人って親切すぎます。

 

別の日に、日本人だけで夜市を攻めてみました。台南では、夜市の開催日がまちまちでして、毎日営業というわけではないんですね。そこで、ホテルで聞いた、その晩唯一オープンだった大東夜市へタクシーでGO。

f:id:travelsuomi:20120409220120j:plain

老若男女がひしめきあい、ものすごいにぎわいです。

f:id:travelsuomi:20120409223156j:plain

私は念願だったタピオカミルクを飲んで、ご機嫌!これは、私に台南行を決心させた台南出身の学生が、「友達が来たら絶対に飲ませてあげたい」と言っていた、彼、一押しのドリンクでございます。ストローが太いとは言いつつも、タピオカ(日本のちびっこいタピオカとは異なり、大豆より大きいくらいのサイズ!)を吸い込むには、かなり一生懸命取り組む必要がありました。

f:id:travelsuomi:20120409214732j:plain

夜市は食べ物屋だけでなく、アクセサリーやら服やら(一体、どこで試着しろっていうのだ!)日用品やら、様々な商品を扱う店がひしめきあっていて、ゲーム機が並ぶコーナーでは、夜も遅いというのに子供らがゲームに興じておりました。昼間は暑いから、遊ぶのは夜なのかなあ。