読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

台南のおいしいもの

親日家で哈日族(ハーリーズー)のFさんが「台南で食べたいものを全部食べてから台北に行ってください」と言ってくださったので、最初にリクエストしたのが、ちまきです。「分かった!いいお店に行きましょう」と言って案内してくれたのが、こちらの老舗です。

f:id:travelsuomi:20120410120026j:plain

 

f:id:travelsuomi:20120410120034j:plain

店構えからして、とてもそそります。

f:id:travelsuomi:20120410120045j:plain

私がどうしても食べたかったのが「特製八宝ちまき」。8種類の具材が入った豪勢なちまきです。

f:id:travelsuomi:20120410122548j:plain

出てきてビックリ!大きいんですよ。私の手と比べてみてください。

 f:id:travelsuomi:20120410120320j:plain

f:id:travelsuomi:20120410120428j:plain

朝食を抜いたとはいえ、とても食べられる量ではありません。するとFさんは「テイクアウトしましょう」とお店の方に頼んで包んでいただきました。これは、この日、台北での夕飯になったのです。ありがたかったです。

f:id:travelsuomi:20120410122451j:plain

こちらが、おいしいものを作り出すキッチン。

ちまきでかなりお腹がいっぱいになったものの、「どうしても食べさせたい小龍包があります」というわけで、そちらのお店へ。Fさんの日本語の先生が「台北の名店・鼎泰豊よりおいしい」と太鼓判を押したそうです。

 f:id:travelsuomi:20120410135308j:plain

f:id:travelsuomi:20120410135330j:plain

ちなみに、この店は成功大学があるエリアです。近所の風景もステキ。

f:id:travelsuomi:20120410135513j:plain

サイドディッシュが冷蔵庫でスタンバイ。でも、今日は無理だな。

f:id:travelsuomi:20120410135620j:plain

小龍包は醤油と千切り生姜と一緒に食べるので、前準備。

f:id:travelsuomi:20120410135753j:plain

は~い、出てきました!うん、確かにおいしいです。

f:id:travelsuomi:20120410140019j:plain

そして、これが、Fさんが大好きな麺。これも美味でした。台南は全般的に甘い味付けが多い中、このお店の味付けは日本人も大好きだと思います。おいしいんです。

f:id:travelsuomi:20120410143017j:plain

f:id:travelsuomi:20120410143206j:plain

さて、デザートを食べに行こう(おいおい、まだ食べるんですかぁ?)と向かったのが、フルーツ屋さんです。台南でトマトはフルーツにも属するらしく、台南独特の食べ方を教えていただきました。

f:id:travelsuomi:20120410143344j:plain

おろした生姜をたっぷり、それを、甘めの醤油(たまり醤油みたいなものかな?)と台湾風梅干をつくるときの副産物の粉(これは甘酸っぱい)をまぜたタレにつけて食べるのです。それでけで食べても十分おいしいトマトですが、このタレにつけると複雑さを帯びて、甘くて酸っぱくてフレッシュで、これもおいしいです。このタレを、ほかのフルーツにもつけて食べてみました。私にとって、「台南の味」と言えばこのフルーツの食べ方ですね。

f:id:travelsuomi:20120410143047j:plain

 短時間で効率的に台南のおいしいモノめぐりができたのは、すべてFさんのおかげ!本当にありがとうございました!!

最後に、Fさんに教えていただいたフルーツ屋さんで飲んだパパイヤミルクです。激ウマでした~。

f:id:travelsuomi:20120408203618j:plain