読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

韓国旅行2011(最終回) ⑩博物館系LOVE

私は博物館とか美術館に行くのが好きです。韓国の中央博物館は世界最大級で、しかもタダ! 巨大ですから、端からじっくり見ていると、やがて力尽きます。見どころを事前に選ってから、お目当ての展示室にダッシュするしかありません。

2011年には、2度も行ったのに、ろくな写真が残っていません。最初は韓国の雨期にぶつかり、旅行中は奇跡的に晴天に恵まれたものの、帰国の日に雨降りでした。

f:id:travelsuomi:20120914222219j:plain

広さ、天井の高さを生かして、巨大なお宝が展示されているのが圧巻です。

f:id:travelsuomi:20120914222540j:plain

1階で見たら、上層階へまわり、そこから見下ろすと風景が変わって面白い。

しかし、白眉はなんといっても白磁ですね。実に素晴らしかったです。

f:id:travelsuomi:20110909151222j:plain

f:id:travelsuomi:20110909151253j:plain

f:id:travelsuomi:20110909152634j:plain

f:id:travelsuomi:20110909152840j:plain

f:id:travelsuomi:20110909152906j:plain

そして、これは確か国宝の王冠ですが、特別室みたいな場所に展示してありました。

f:id:travelsuomi:20120914222843j:plain

韓国の威信をかけて建設した博物館だということがよく伝わってきます。何度も移転を繰り返してきたそうですが、かつて、景福宮(朝鮮王朝の王宮)内にあった時に一度訪れて以来、韓国のイメージといえばこの王冠、というのが、私の頭の中に刷り込まれてきました。久し振りの再会、うれしかったですね。

そして、もう一か所、かなりおすすめなのが、郊外にある韓国民俗村です! ソウル市内から地下鉄で1時間ほどで水原駅まで行き、駅近くの案内所で民俗村のチケットを買うと無料のシャトルバスに乗れますので、20分ほどかかります。ちなみに水原は、世界遺産の華城で有名ですが。今回はパス。

f:id:travelsuomi:20110907115719j:plain

たまたまだと思いますが、民族衣装の子供たちがたくさん遊びに来ていて、突然、綱引きを始めました。可愛かった!何かの映画の撮影も行われていました。

入り口近くのショップでは、民俗村オリジナルの調味料などがたくさん販売されています。一説によると、化学調味料などは使わず、材料から吟味した「本物」だということなので、大好きな甕に入ったコチュジャンを買ってきました。これ、優れものです。スーパーで買ったものに比べて、甘さが上品で、コクもあります。大切に大切につかっています!

f:id:travelsuomi:20110915122639j:plain

陽気がいいときに、そして旅程に予定があるときに、ぜひぜひぜひお出かけください~。

来週からは「今年の韓国旅行」のレポートをお届けします! 長いことお付き合いいただきましてありがとうございました!

大団円