読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

韓国旅行2012 ⑧夏限定のお楽しみ

某旅行代理店さんのお蔭で急きょ、8月頭にソウルに行くことになったとき、真っ先に頭をよぎったのが「アレとコレを食べる!」というお食事の予定でした。だって、夏限定だから!

明洞餃子のヒスイ麺

本当の名前は知りませんが、クロレラを練りこんだ麺を豆乳ベースのスープに入れた、冷たい麺です。

f:id:travelsuomi:20120803114520j:plain

明洞餃子自体は超・超・超有名店で、地元民もてんこ盛りの人気店であるがゆえに、行列が不得意な私は本来であれば行かないタイプの店。なんですが~、ここは行く!だって、おいしいから(w)。

ここのメニューは単純明快。4つしかありません。丸型のギョーザ、温かい汁麺、辛い汁なし麺、そして夏の冷たい麺。注文したらすぐにテーブルで前払いで会計を済ませます。だから、回転も速く、並んでもそんなに待たされることはないのかもしれません。

さあ来ましたよ。もちろん、店員さんは有無を言わさずハサミでジョキジョキ……。

f:id:travelsuomi:20120803112157j:plain

私、最初これが衝撃的で、長いこと韓国料理が食べられない時期(若いときね)もありましたが、あれは一体何だったんだ?というくらい、今は大好きです。

そして、全員が注文するギョーザ(韓国ではマンドゥというらしい)も絶品です。店内はニンニクの匂いが充満しているので、そういうのが大丈夫な方なら、きっとコレも気に入っていただけるはずです。

f:id:travelsuomi:20120803112351j:plain

今回の発見は、ごはんが雑穀米に変わっていたこと。以前は普通の白米だったと思ったので、帰国してから夫に確認したのですが、間違いなく白米でした。この1年の間に明洞餃子は健康志向にシフトしたのでしょうか?

f:id:travelsuomi:20120803112509j:plain

奥に写っているのが、ソウルで1番か2番に好きなキムチ☆☆。すっごく辛いです。かつて一緒に行ったソウル娘(辛いモノが死ぬほど好き)も、ヒーヒー言いながら「おいしいですね、辛いけど」と言って頬張っていました。一緒にいたレイコちゃん(辛いものは苦手)は口にもせず。

女性2人で行くなら、餃子とヒスイ麺を1つずつとってシェアする感じで十分だと思います。この麺のスープが豆乳なので、食べているうちにお腹がいっぱいになってきちゃいますから、お気を付け下さい。

 

さて、お次はデザート! これも夏季限定です。「これを食べないうちは日本に帰れない」と、私はレイコちゃんに言ったらしいのですが、記憶にないんです。

この素敵な場所については、去年の旅行記でも書きました。その時に食べたカボチャの餡が乗ったかき氷の感動よ再び、ということで、行ってきました、寿硯山房(スヨンサンバン)!

f:id:travelsuomi:20120803122907j:plain

ものすごい陽射しなのがお分かりいただけるかと。これはかき氷日和ですわなあ。

f:id:travelsuomi:20120803122948j:plain

お店の方に歩いていくレイコちゃんと、出迎える若者。彼は日本語ペラペラの新人スタッフ。聞けば、数年前に1年間、東京の日本語学校に留学していたそうです。彼を雇うということはーー日本人が増えちゃったんですね。しょーがないか。

f:id:travelsuomi:20120803123908j:plain

相変わらず落ち着く店内。私たちが入っていったら、ちょうど、特等席(去年も座らせてもらった♪)が空きました。一応仕事なのでパシャパシャ写真とりましたけど、本当はそういうこと下品って思うくらい、静かで大人な場所なんですよ。

f:id:travelsuomi:20120803124410j:plain

私たちのデザートです。これを、明洞餃子で満腹になったあと、平気で平らげました。

f:id:travelsuomi:20120803124445j:plain

そしてこれが、「これを食べないうちは日本に帰れない」と私が吠えた、かぼちゃのかき氷です。close-upでご覧ください。

f:id:travelsuomi:20120803131819j:plain

今年は物販コーナーができていました! 厳選した材料だけを使った超高級品の石鹸など。「この石鹸は食べても大丈夫です」というのが、先の店員さんの説明です。彼が言いたかったのは、食べられるレベルの安全な天然材料だけを使って作ったということでしょう。レイコちゃんは、その「食べられる石鹸」、私は生姜パウダー(高かった~)と梅ジュースの元(液体)を買いました。