郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

マキシムカードのためなら、50分で8000歩の勢い

1秒に2.7歩ーーこれって、どんだけガシガシ歩いているんだか!と突っ込みたくもなる。

期間限定のダイエットをやっておりまして、大量のウォーキングを取り入れてまだ2日めのきのう、自宅から神保町まで行ってきました。便利堂というミュージアムショップ用ポストカードを作っている会社の東京店で、お目当てのカードを入手するのが目的です。

f:id:travelsuomi:20121109143336j:plain

f:id:travelsuomi:20121109143358j:plain

スマホに万歩計のアプリをDLしてみたので、それで大体の歩数を割り出して、今後のウォーキング計画に生かそうという気持ちもありました。

結論から言うと、タイトルの通りです。家から便利堂さんまで50分弱(途中でちょっとだけ寄り道しましたが、無視できる範囲)。お店に入る直前にアプリをチェックしたら、約8000歩という数字を示しておりました。

よく、「一日1万歩」という目安を耳にしますが、片道だけでほぼ達成しちゃいました。これは明らかに飛ばしすぎだ。だって、脚、がくがく~。買うもの買ったらドトールで休憩です。これは便利堂の紙袋。

f:id:travelsuomi:20121109151704j:plain

お目当てのポストカード(夢二の『黒船屋』と横山大観の富士山の絵)はありませんでしたが、『国宝 鳥獣人物戯画 甲巻』と梅原隆三郎の『雲中天壇』を入手しました。これは、切手になっているデザインであることがポイントです。そ~なんです、私はこれらの図柄の切手を持っているんですよね。

ということは、マキシムカード(またの名をマキシカード)を自作できるっつうことです。組み合わせてみるとこんな感じ(写真が下手すぎてすみません)。

f:id:travelsuomi:20121110163500j:plain

これ▲はハガキと切手の絵柄がドンピシャでもう完璧! 一方、天壇の方は、一瞬同じ柄とは思えないほど色彩が異なっています。

f:id:travelsuomi:20121110163524j:plain

便利堂にはきれいなポストカードが山のようにありますが、このお店が優れているなと思ったのは、「切手に使われたデザイン」のハガキにはメモがついていることなのです。いくつか頭に入れてきたので、その絵柄の切手をゲットしたら、ハガキを買ってマキシム作りたい! ショップの方も感じがよかったので、今後もお世話になることにします。

ところで、手持ちの切手に、唐招提寺金堂と薬師寺東塔と松本城の切手があります。

f:id:travelsuomi:20121110171958j:plain

写真のポストカードさえ手に入れば、構図が少しくらい違っても目をつぶれば、カードと切手が同じテーマになり、マイ・マキシムカード(もどき)を作れますね。東京にある奈良県のアンテナショップに、奈良の名所の絵はがきあるかしら?

ストクロッシングを始めてから、お手紙まわりのことがあれこれ気になって、情報も増えてくるから、忙しい、忙しい。そして、楽しいです♪♪

さて、帰りも8000歩かけて歩いて帰ったかって? いいえ。東京ドームの横あたりを歩いていたらコミュニティーバスが来たので、それに乗りました。でも、神保町からドームまでは2000歩以上かかり、神保町でうろうろした分などを合わせれば、軽く15000歩は歩いたと思います。