読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

ヨーロッパあちこち記(2011) BCN→MAD列車の旅

【2011年11月10日】

去年の11月13日から20日は日本で休養+仕事だったので、その間に過去の旅の写真、アップしてます。1年プラスα日前、私が撮った写真です。

マドリッドへはバルセロナからスペイン国鉄(RENFE)のスペイン版新幹線で移動しました。チケットはオンラインで予約したかったのですが、スペイン語が分からず、英語のサイトもなかった(のか分からなかった)ので、前日に窓口まで買いに行きました。Sants駅は天井が高くて気持ちいい。人は多いのですが、思ったほど色が氾濫していないので、日本の駅みたいにごちゃごちゃしていません。

f:id:travelsuomi:20111110170003j:plain

私が乗る列車AVE3102は、この電光掲示板の真ん中に出ています。10時発マドリッドAtocha駅行きです。

f:id:travelsuomi:20111110170047j:plain

テロ対策(?)の荷物検査を通るあたり、ヨーロッパだなあと感じます。早すぎたのか、待合スペースはまだ閑散としています。

f:id:travelsuomi:20111110170549j:plain

f:id:travelsuomi:20111110170614j:plain

ここが、日本風にいうと、改札です。切符のチェックを受けたら、エスカレーターで下へ。

指定席でしたが、ほぼ満席。シートはあまり深く倒れません。左端に写っている男性はアメリカからの観光客で、私のスーツケースを棚に上げたり下したりするのを手伝ってくれました。あまりに重たいので、「一体何が入っているの?」と聞かれ、「へへへ、オリーブオイルいっぱい買っちゃって」という私の答に苦笑いしてました。

f:id:travelsuomi:20111110194839j:plain

途中で車掌さんみたいな恰好をした女性がイヤフォンを配ってくれました。これがまたおされなパープルカラーなんです。以前、RENFEの寝台列車に乗ったときにもらったアメニティーケースが、これとまったく同じ色!! 色の使い方に敏感な国民なのか、戦略的に色を使っているのか、とにかく、私の中でこのパープルは、イコールRENFEという図式が出来上がっています。

f:id:travelsuomi:20111110190133j:plain

ただ、このパープルだけでなく、オレンジとの組み合わせが随所に、印象的に配置されていました。きっと、RENFEのコーポレート(正しくは会社じゃないのかもしれませんが)カラーなんでしょうね。

f:id:travelsuomi:20111110194746j:plain

駅名の看板もさりげなくてステキ。

f:id:travelsuomi:20111110194654j:plain

ベンチも気に入りました。「やるなあ」というのが第一印象です。

f:id:travelsuomi:20111110190140j:plain

ホームには、ドアの場所がさりげなくパープルでマークされていますね。ん~。すごい!

ちなみに、AVEも時速300キロ出ます。「300」のときは撮り損ねましたが、何とか283キロを激写。

f:id:travelsuomi:20111110200436j:plain

 マドリッドのAtocha駅に到着。

f:id:travelsuomi:20111110211342j:plain

未来都市みたいで明るくて分かりやすいし、清々しかった覚えがあります。

f:id:travelsuomi:20111110211727j:plain

しばらく歩いていくと、クールな未来都市から一転して、情熱の国スペインの首都、という感じにいきなり変化します。私は地下鉄に乗るので、ここは利用せず、横目で見ながら通っただけ。マドリッドの地下鉄は、バルセロナに比べて狭くて古くて、少し怖かったです。

f:id:travelsuomi:20111110212222j:plain