読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

今週のポスクロ活動(11/12-18)

postcrossing

No.55 Germany

11月6日に書いてくれたとき、お天気は雨、気温8度だったそうです。ドイツ北部はず~っと雨続きだとか。切手はおなじみ日本語表記もあるレーゲンスブルク旧市街だったので省略します。

f:id:travelsuomi:20121113010207j:plain

 

No.56 Australia

文面はいきなり「konnichiwa, 〇〇-san!」で始まっていました。Harry Potterのイベント用のハガキですが、フクロウをお好みリストに入れてあるので、配慮して送ってくれたのです。

f:id:travelsuomi:20121113010247j:plain

謎が一つ。切手も、郵便代金を支払ったという証書みたいなものもありません。おそらく、途中ではがれちゃったんでしょうね。受け取ったという登録作業の時に、「おまじないをかけたの?」って書いておきました。

送ってくれたのは学生さん。「飛行機のハガキがなくてごめんね。これでもいい?」なんて、泣けるセリフが書かれていました。もちろん! それに、私はカードの絵柄の希望は書いたけれど、その前に、「何でもいいんだけど、あえて好みを書くと」と前ふりしてあります。だって、送る相手はコンピューターがランダムに抽出するのですから、割り振られた人の好みが、自分の手持ちのカードと一切かぶってなかったら、わざわざ買いに行かなきゃいけなくて、そんなのハードル高いじゃないですか? 「これじゃなきゃ嫌」「以前受け取ったのダブらないように、過去に送られてきたカードをチェックしろ」みたいに書いている人には違和感を覚えます。もちろん、好みのカードを集める目的でやっている人もいるでしょうけれど、この団体が言っているのは、コレクションが一義的な目的じゃないってこと。だから、基本、真心がこもっていれば、どんなカードだってウェルカムですよ~。

カード一枚から、その人の人柄とか、結構分かるもんだなあって思います。

 

NO.57 Russia

f:id:travelsuomi:20121118211708j:plain

こんどはロシアからフクロウカードが到着です。送り主さんは小児科の先生。ハガキはフクロウなんだけど、文面はネコの話題(笑)。飼い猫は、トマト、キュウリ、パイナップル、コーン、キャベツ、ズッキーニなどがお好みで、「そんなのヘンよね~」と。ロシアはもう雪が降っているそうです。

切手がゴージャスでした。

f:id:travelsuomi:20121118211835j:plain

マンモスの切手は一辺が5センチですよ。

 

No.58 Malaysia

このカードはどう理解したらいいんでしょうか?

f:id:travelsuomi:20121113160638j:plain

広告用のカードでかっこいいのがあったら送ってほしいとプロフィールに書いておいたので、これをあえて選んだのかな? でも、一体何のカードなのかまったく分かりません。どなたかご存知の方がおられたら、教えてください。

メッセージ面を今、あらためて見返して気が付いたのですが、送り主の言葉が一切書いてない!!住所を書いて、切手を貼ったら、もう一杯、ってか?

f:id:travelsuomi:20121118212442j:plain

 

No.59 Netherlands

f:id:travelsuomi:20121118211750j:plain

同じADカードでも、こっちは私のお好みのコーヒーモチーフ。何を宣伝したいのかは一発で分かりますね。日曜日はのんびり寝て曜日だよ~。

切手、かわいいのが3枚。

f:id:travelsuomi:20121118211900j:plain

一番左の飛行機の絵柄の上に黒々と消印が押されていて、残念。

ロバの絵はがきを集めるのが趣味、ということで、いずれ見つけたら、Thank-youカードを出したいくらい、なんか、テイストが合いそうな方です。

 

10通送っているうち5通が先方に届きました。ふつう数日で届くはずのオランダ行が3週間を超えたので、おかしいと思ってメールで確認、「まだ届かない。受け取ったらすぐに登録するよ」という返事が来たので、2枚目を出すことにしました。何とかExpiredにならないように、できる努力はしようと思っています。2枚目はちゃんと1週間以内に届いてよ!!

私からの発送は、まず、12日に発送した台湾行が16日に「到着したよ」のメッセージが来たので、それも含めて合計5枚、カードを送りました。ほかの4枚の行先は、ポーランド、マカオ、ギリシャ、ドイツです。そろそろ、レアな国も紛れ込んでくるようになりましたね。

 

今週はスピンオフ的なことでうれしいことがありました。

まずはこれをご覧ください。

f:id:travelsuomi:20121118220551j:plain

ルクセンブルクで投函してくれたお礼状です。これは、東京オフ会で参加者全員のサインを入れたカードを作った中の1枚をお送りしたドイツの男性が送ってくれたものです。

f:id:travelsuomi:20121118220601j:plain

この方は、プロフィールを読んだ印象で、①いい人そうだ ②サインカードを喜んでくれそうだ ③個人的なSWAPをOKにしているということは、お願いしたら私にカードを送ってくれるかもーーと思ったので、「勤め先の銀行があるルクセンブルクからカードを送ってもらえますか?」というおねだりと、自分の住所を書いて送ってみたのです。

そうしたら、「スッゴイカードをどうもありがとう。ルクセンブルクからカード送るから待っててね」という、うれしさのあまり興奮した感じのメッセージが来ました。そして、あっという間に、このラブリーなカードが届いたのです。どうも私は、彼曰く「super stamps」を貼ってあげたようなので、サインカードをもらった上に、スゴイ切手も来たぜ! ということで、本当に喜んでくれました。いやあ、こちらの方が恐縮しちゃいますよ。クリスマスカードでも送ってあげようかな?

さてクリスマスカードといえば、先週送った、またもやドイツの男性ですが、この人も、①手紙を書いたり受け取たりするのが大好き ②個人的なSWAPはOK ということだったので、「もうすぐクリスマスだから、12月になったらクリスマスカードの交換しませんか?」というメッセージを書いておハガキを出しました。すると、「そうしよう、そうしよう」ということで、商談成立。こちらの住所をお教えしました。彼は、自分の町のクリスマスデコレーションのカードを送ってくれそうです。受けて立つ私は、日本的な感じのするクリスマスカードを探して、冬のグリーティング切手を貼って、12月に入ったら出そうと思います。