郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

鮭児という慶事

幻の鮭、食してきました!

okko326さんのブログで、あの貴重な鮭児をたべられる可能性がある(しかもしかも、うちから歩いて行かれる池袋!)というすごい情報をいただき、本日、行ってきました。(okko326さん、本当にありがとうございました!!)

道産子の夫にこの話をしたところ、「それは安いんじゃないか」という発言。だからもう、これは絶対にこのチャンスを生かそうと決めました。

私は東京の怖さ(=ものすごい数のライバルがいる可能性「大」)が身に染みているので、1日限定20食なら、もうこれは絶対に先手必勝しかないと思い、早めに家を出ました。朝食を抜き(毎度のことだけど)、池袋までは速足ウォーキング。途中でお腹がグーグー。35分で現地に到着。10:40でした。

f:id:travelsuomi:20121129120418j:plain

ランチには早過ぎるんですが、すでにお食事中の客がちらほら。

げげっ、ライバルに先越されたか! 

お店の人に聞いてみると、まだ大丈夫だとのこと。先払いのシステムなので、「お金払って(鮭児を確保して)から30分後に戻ってきたい」と、いつものことながら無理なお願いをする私。最初、「この人、何言ってんの?」的な表情をされましたが、事情をご理解いただけたようで、「なくなることはありませんけど、とっておきますから、その時に会計してください」と言ってくださいました。よかった~。安心して、用事を足しに出かけ、早めのランチにちょうどいい時間に戻りました!

席について感激しました。太っ腹です!

f:id:travelsuomi:20121129111922j:plain

ボリュームもすごかったです。

f:id:travelsuomi:20121129112520j:plain

f:id:travelsuomi:20121129112526j:plain

この定食を食べる人は二人分の席が必要です。テーブルに置ききれない量で、見た瞬間にお腹いっぱいになるくらいです。

ふふふ。いよいよですよ~。これが鮭児と甘海老のおつくりです。脂の乗りがすごかったです。私の貧困な言語能力では、この食感、お味、満足感を言葉で表現するのは不可能です。隅っこにちょこんと乗っているのは、山わさびですって。箸休めとして最高でした。これ、常備菜に欲しい!

f:id:travelsuomi:20121129112505j:plain

ゆめぴりかももちろんおいしかったです。コシヒカリより粒が大きい?

f:id:travelsuomi:20121129112641j:plain

うちはいつも100%玄米なので、白米そのものが久し振りで比較できないのですが、もっちりして本当においしかったです。

デザートのぜんざいにもやられました。小豆がおいしかった。

f:id:travelsuomi:20121129115725j:plain

本当はご飯、おかわりしたかったのですが、とても無理。ホッケも脂がノリノリでジューシーで、東京の居酒屋で出てくるホッケとは「別品種」でした。おいしいなあ。大きいなあ。

一般論ですが、女性にはこのスペシャル定食(1981円だけど1円まけてもらっちゃった♪)はボリューミーすぎると思います。ホッケ半身にして1500円にしてはどうだろうか? そうしたら、ご飯もう一膳いただけるのになあ。

ところで、北海道ではホッケのフライって食べるんですか? メニューにありました。

f:id:travelsuomi:20121129120428j:plain

 物販もしていましたが、5キロのコメを持って帰るのはつらいので、お豆を3種類買いました。うちでもぜんざい、やってみたいので。

北海道はうまいもの天国ですね。しみじみ~。

/*********フォローボタン**********/ .follow-btn{ width: 100%; margin: 5px 0px 5px 0px; } .follow-btn ul { list-style: none; display: -webkit-flex; display: flex; margin: 0; padding: 0; } .follow-btn li { height:100px; width: 100%; -webkit-transition: width 0.3s ease-out; transition: width 0.3s ease-out; display: -webkit-flex; display: flex; -webkit-align-items: center; align-items: center; -webkit-justify-content: center; justify-content: center; } .follow-btn li:hover { width: 200%; } .follow-btn li span{ line-height:2.5; font-size:180%; font-weight: normal; font-style: normal; font-weight: normal; -webkit-font-smoothing: antialiased; -moz-osx-font-smoothing: grayscale; } .btn1{ background: #5F5E5E;/*読者ボタンの背景色*/ } .btn2{ background: #6FB6C3;/*Twitterの背景色*/ } .btn3 { background: #82C36F;/*Feedlyの背景色*/ } .btn4 { background: #6998b9;/*Facebookの背景色*/ } .btn1-icon:before{ content: "\f000";/*はてなアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn2-icon:before{ content: "\f035";/*Twitterアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn3-icon:before{ content: "\f04e";/*Feedlyアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn4-icon:before{ content: "\f036";/*Facebookアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .follow-btn a { width:100%; height:100%; font-size: 13px; line-height: 1; font-weight: normal; text-decoration: none; text-align: center; color: #fff; -webkit-transition: all 0.3s ease-out; transition: all 0.3s ease-out; }