読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

東京ばな奈SKYTREEバージョン

Taiwan postcrossing

「東京のお土産 東京ばな奈 とても美味しかったですね~。SKYTREE限定の東京バナナ、ヒョウ柄かわいいな~。次回も絶対これを買いに行きたいです」

これ、書いたのだれだと思いますか?

答えは、台湾人女子28歳、「日本大好き」さんです。きれいな日本語で、「ばな奈」と「バナナ」が混在しちゃっているのはご愛嬌。文の途中に、東京ばな奈の普通バージョンとSKYTREEバージョンのイラストまで描かれていました。それが、かわいいんだけど、ちょっとイモムシみたいで、ぷっと笑っちゃいましたよ。

食べ物がヒョウ柄だぁ? と思って、さっそく調べたら、はい、確かに存在しました。

f:id:travelsuomi:20130109174856p:plain

この写真を見て、彼女のイラストにも納得!

ストクロッシングで、彼女の住所を引き当てたのは私です。年末に、ご希望の浮世絵のカードをお送りしたのですが、こんなに喜ばれるとは思っていませんでした。受け取ったという連絡をくれたときに、「〇〇さん(=私のこと)にお礼状を書きたいので住所を教えてほしいとメールで頼まれ(この段階からジャパニーズですよ)、そしておととい、このすばらしいハガキが届いたんです。ハガキを縦長において、うえ1/4くらいのスペースにチマチマと住所が書かれ、残りの部分にイラストやシールと一緒に、ぎっちりとメッセージが書かれていました。

彼女の書く日本語は、堅苦しくもなく、なれなれしすぎることもなく、ちょうどいい塩梅で、しかも、かわいらしい感じが伝わってきます。とても感じがよかったので、ちょっとだけ引用させてもらっちゃいました。

なんで、SKYTREE限定の東京ばな奈の存在と、それがヒョウ柄であることを、台湾の女の子から教えられるんでしょうか? 私、これでも東京在住だし、SKYTREEには1度だけだが、行ったじゃないか! と思うのですが、きっと彼女は、日本のことが本当に大好きで、ネットをしょっちゅうチェックしているんでしょうね。

そういえば、東京の大学院に通っている知り合いの台湾人男子が、この年末年始休みに帰省する際、お土産を買いに行ったのもSKYTREEだったことを思い出しました。ひょっとして、台湾人の間で、「東京土産はSKYTREEへGO!」が常識なのかもしれませんね。

そんなことより、みなさんにびっくりしてもらいたいことがあります。PSの部分を、紹介しちゃいます。

「独学で日本語を勉強している。まだ下手です。宜しくお願いします」

は~、独学ですって! お見事です。

ところで、宜しくお願いされましたが、これは一体、何でしょうかね?

 

 【A.Word.A.Day】

conterminous

adjective:

1. Having a common boundary.

2. Confined within one common boundary.

3. Having the same scope, in time, meaning, etc.