読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

今週のポスクロ活動(2/12-17)

postcrossing

スペイン旅行からもどった翌日から届いた分のご報告です。

No.124 U.S.A.

f:id:travelsuomi:20130216121922j:plain

「猫のカードを持っていなくて、ごめん!あなたの好みにこれが一番近いものだと思う」ということで送っていただきました。ロッキー山脈に生息するマウンテンライオン。こういうのもたまにはいいですね。

それにしてもみなさん、送り先の人の好みを吟味していらっしゃる! やさしいです。

 

No.125 U.S.A.

アメリカが続きます。

f:id:travelsuomi:20130216121932j:plain

本当はもうちょっと赤紫で、落ち着いた色なんですよ。お料理が好きな女性から、スパイスやハーブを販売する会社Penzeysのカードをいただきました。お料理だけでなく、家族が一緒にいることも呼びかけている会社だそうです。共感できますね。

この方は、新発売のステキな切手を貼ってくださいました!

f:id:travelsuomi:20130216121938j:plain

この切手のことは、最近ポスクロのサイトでも紹介されていました。もらっていただけに、うれしかった~。

 

No.126 Finland

 f:id:travelsuomi:20130217171032j:plain

真冬のごあいさつの後に、なぜか「夏の一番おいしい食べ物は、新じゃがよ♪」のメッセージ。そうなんだ~。去年の6月に行ったとき、シーズンにはまだ早かったかな? 次回への課題ーー夏の新じゃがをフィンランドで食す! この方は野菜つながりで、オレンジや玉ねぎのシールもはってくださいましたよ。

f:id:travelsuomi:20130217160405j:plain

この切手のテーマは夏なんでしょうか? 冬なんでしょうか? 背景に見えるピンクのものは、ソフトクリームを連想させますが、白熊の親子は明らかに冬のモチーフだし、悩みます。

 

No.127 U.S.A

f:id:travelsuomi:20130216121950j:plain

今週はアメリカweekです。メッセージ面には、Eugene Feildというアメリカの作家の言葉(と思われるもの)が書かれていただけです。アメリカの方はquoteがお好きだったりするので、送り主さんのお好きなフレーズ(と言ってもかなり長い)なのかもしれません。

Clala M. Burdというアメリカのイラストレーターの「Little Men」という絵でした。

 

No.128 Malaysia

f:id:travelsuomi:20130216122008j:plain

マレーシアはペナンから届きました。このカードはどこかのお店の広告みたいなのですが、説明がないので分かりません。私はクールなADカードはぜひ送って欲しいとプロフィールに書いているため、ADカードそのものはむしろ送って欲しいのですが、基本的に何らかの説明をお願いしたいところです。No.125のアメリカの方みたいに書いてくださると、理解できてすごくいいんですよね。

 

  No.129 Germany

f:id:travelsuomi:20130217170232j:plain

 摩訶不思議だけど、何となく好きな絵ハガキ。ハンブルクにお住いの女性からです。文面に「ベルリンに行ったときに通りかかって、どうしても撮らずにはいられなかった」場所だそうです。

しっかりした厚紙でプロフェッショナル仕様な感じのポストカードだったので、登録するときに「あれはあなたの写真ですか?」と聞いてみました。お返事は特に期待していなかったのですが、すぐにメールが来ました。

何と、ご本人のiPhoneで撮ったのだそうです。最近のスマホのカメラは実に優秀だと私は思っていて、このハガキの写真も、彼女がビックリしたゴチャゴチャぶりがよーく伝わってきます。

驚いたことに、ドイツには自分の写真でこんなにちゃんとしたポストカードを作ってくれるサービスがあるそうです。彼女もいくつかのパターンの写真で100枚、ポストカードを作りました。さて、いくらだったと思います? わずか20ユーロ!!! 2000円ちょっとじゃないですか。いいなあ。サイトも教えてもらいました。here

セルフプリントのカードを毛嫌いするポストクロッサーが結構いるのですが、個人的な意見では、当たり障りのない万人受けを狙ったカードより、自分が感動した場所や食べ物などの写真をカードにして送るのも一興だと思います。特に、私の父親の写真はポストカードにしたいものがたくさんあるので、このドイツのサービスみたいなのがあれば、ぜひ利用したいものです。日本にも存在するのかもしれませんが、まさか100枚で2000円なんてことはないでしょうねえ。

 

 No.130 Taiwan

f:id:travelsuomi:20130217160340j:plain

 何と美味しそうなピータン! つやつやじゃないですか。

でも。送り主さんいわく、CNNが行った何かのレポートで、「世界で最もぞっとする食べ物」とレッテルをはられたそうなんです。アメリカ人の好みはどうなっているんでしょうか? 送り主さん同様、私も大好きです。

f:id:travelsuomi:20130217160349j:plain

 やさしい色調の切手です。犬の目がやさしくてなごみます。

 

ふー、これで3週間分のポスクロ活動がまとめ終りました。

過去2週間分のコレココと合わせてご覧いただければうれしく思います。

帰国してすぐにフィンランドの女の子のIDを引きました。2月15日がお誕生日ということで、ギリギリで届くかな~と思って12日の朝一番に投函したのですが、昨日、報告が来て、ちゃんと15日のバースデーに届いたそうです。日本とフィンランドの郵政は本当に信頼できますね。ステキ過ぎます。