読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

今週のポスクロ活動(3/18-24)

 今週もたくさん届き、たくさん発送しました。でも、もっともっと届くようになったらいいなあ。

No.154 India

f:id:travelsuomi:20130324133557j:plain

まずはインド、ゴアからいただきました。

「スパイスに興味があるなら、インドにおいで」だって。

切手はマザー・テレサです。

f:id:travelsuomi:20130324131407j:plain

No.155 The Netherlands

f:id:travelsuomi:20130324133536j:plain

ディズニーのカード。こういうのもたまにはいいですね。

裏にはかわいいシールをたくさん貼ってくださいました。ご夫婦(と言っても事実婚みたい)で一緒にポスクロ活動しているそうです。

f:id:travelsuomi:20130324131432j:plain

 

No.156 Hong Kong

f:id:travelsuomi:20130324133514j:plain

メッセージがオール日本語でした!

日本の文化が大好きで、2年前から日本語を学習している女性から。所々、表現がおかしいところはあるけれど、意味は十分通じます。すごいなあ。

f:id:travelsuomi:20130324131442j:plain

切手は以前ももらったことがあるモノですが、消印がすごい! 「香港天文台」って書いてあります。そこから出してくれたの??

No.157 The Netherlands

f:id:travelsuomi:20130324133452j:plain

 

今度は、母親と娘のチームから。オランダでは、家族で一緒にポスクロやるのがはやっているんですかね? 

このカードは間違いなく何かのADカードですね。「我々は、一方では異なるが、他方では同じである」ーーというようなことが書いてあると、Google先生が教えてくれました。

切手が感激のラインナップ♪

f:id:travelsuomi:20130324131502j:plain

No.158 Russia

ウレシイ Kotovasiyaシリーズからエジプトを旅するネコのカードです。

f:id:travelsuomi:20130324133422j:plain

 

この寸胴で目の小さいネコのカードは今までに2枚、もらったことがあり、あまりにもかわいいので、プロフィールのwish listに入れてみました。それを見て、このカードを送ってくださったそうです。44日かかって、私の元へ~。

この絵を描いているのは、25歳にもならない若い女の子だと教えてもらいました。作者のこと、もっと知りたい!

切手はロシアらしいゴージャスな2枚。

f:id:travelsuomi:20130324131524j:plain

 No.159 Finland

f:id:travelsuomi:20130324091047j:plain

ロシアのかわいいイラストの猫に続き、フィンランドからはでぶっちょな子猫が届きました。

切手は、ムーミンママとムーミン。このあっさりしたイラストのシリーズの切手がかなり好きなのです。

f:id:travelsuomi:20130324091054j:plain

日付を見て、ビックリ!! 3月20日の消印で、23日に届きました。すっご~い。でも、カードを登録してみたら、11日かかっている計算にーーつまり、私のIDを引いてから書いて投函するまでの方が、はるかに時間がかかっていたということですね。ま、それでも早く着いた方だから、いいや。

 ***********************

 今週は、ベラルーシ、オランダ、アメリカ、ロシア、韓国、フィンランド、アイルランドに到着、代わりに発送したのは、ベラルーシ、ロシア、オランダ、アメリカ、ノルウェー(初)、ブラジル、ウクライナです。

オランダの方には、ホットドッグの写真のカードをお送りしたのですが、「日本にはホットドッグがあるの? どうしても知りたいから、お返事をください」と、登録の連絡時にメッセージが来ました。日本に洋食があるのって、そんなに不思議? とりあえず、「東京にはほとんど世界中のレストランがあるし、実際、かなり欧米化しちゃっているから、あなたが日本に来たらびっくりするかもね」とお返事し、「なるほどねえ」と、また連絡がありました。

最近、IDを引くと、ポスクロを始めて間もない人に当たる確率が高いです。世界中でメンバーが増殖中ということですね。そういう方には、先輩風吹かせて、「ウエルカム」と書くようにしています。