読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

期間を決めたら、ちゃんとやる

なんのこと?と思いますよね。ダイエットのことです。

非常に順調。でも、やることやってるしなーーというのが本音です。

旅友だちのレイコちゃんと一緒に、

「6月末までに5キロ落とそう」

と誓い(ここが大事)、それぞれ、方法を考えて始めました。

私たちに先んじること数か月、同じボランティア仲間の団塊世代Oさんとも

「お菓子を食べない三国同盟

を組みました。フェイスブックで日々のことを報告するという「世間の目」もあって、みんなが効果を上げ始めております。

レイコちゃんと誓ってもうすぐ1か月ですが、今朝の計量で、なんと3キロ落ちていました。

私は「20キロ落とさないとダメ」なOさんほど深刻ではないし、

「ダイエットしているんだぁ」

と言うと、一応みんな、

「必要ないじゃん」

と言ってくれるような体型なのですが、でも、もう少しやせたほうがいい体型であるのも事実なんです。

そこで、4か月5キロ計画をたて、ちゃんとやろうと決めたわけです。

ポイントは、

期間を決めること

いつまでもだらだら、「5キロやせたらいいなあ」ではダメ(経験上)。

いつもいつも、体重を落すことばっかり考え続けられない!

だったら、期間を定めて、その間は一生懸命やる方が、効果が上がると考えたわけです。

じつはこれには、成功体験があります。

3年ほど前、ふと、「TOEICを受けてみよう」と思い立ちました。夫が持っていた対策本に、「英語を話す国に一定期間住んでいたか、毎日英語を使う環境にいた人ならとれて当然な点数」として950点が挙げられていました。私はその条件に当てはまるため、これはもう、とれないとはずかしいわけです。

そして、TOEIC対策指導で知られる方の本を図書館で借りたときに、私の心は決まりました。そこには、「欲しい点数を決め、それをいつまでにとると決めましょう」ということが書いてあったのです。

「いつか950点をとれるまで頑張ろう」ではなく、期間を決めるーーだって、いつもいつもTOEICのことを気にしているのも辛いじゃないですか。

そこで、1か月半後のテストは「お試し」で受けることにし、その次のテストで目標点数をとるという計画で、毎日、英語漬に近い日々を送りました。

そうしたら、最初のトライで一発、目標点数を大幅に超えられたのです。はっきり言って出来すぎ。

でも、テストなんてそんなもんじゃありません? とるもんとったら、さあ、それを使って次のステージに行きましょうということです。

そのことをレイコちゃんに話し、彼女も「そうだよ」となったため、期間を区切ってrよかったかなと思っています。

そして、「ダイエットしている」と口にしていると、周囲から、あれこれと有益な情報も集まってきますね。先日も、「本気でやるなら、教えてあげたいことがあるけど」と、内臓脂肪の落とし方を伝授してくださった方がいました。

本気でやる

というのも、もう一つのポイントかもしれません。

6月末には、目標達成のご報告ができるよう、これかも精進しま~す。