読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

何で私のRIMOWAはこんなに壊れるんだ?

travel

私のRIMOWAのスーツケースが、また壊れました。

最初は、買って早々にタイヤが破損。これは、RMOWAユーザーの友だちも同じことを経験していたので、

「やっぱりこのタイプのRIMOWAは、構造に問題があるんじゃないか」

という話になりました。

そして今、明日からの出張に備えて荷造りの仕上げをしていて、いざ、ファスナーを閉めようとしたら、

「えぇ! ひょっとしてはずれてない?」

f:id:travelsuomi:20130524160417j:plain

まいるよなあ。仕方ないから、夫のスーツケース(国産)に詰め替えましたが、どうも腑に落ちません。

マイ・ファースト・RIMOWAは、アルミボディのクールなやつで、数えきれないほど一緒に旅行しました。当時としては画期的な軽さとデザインで、まだ持っている人がほとんどいないこともポイント高くて、使うのが楽しかったのです。十分元を取るほど使い倒しました。

軽くて丈夫だったので、

「ドイツ製はさすがだね」

と思い、信頼していたんですよね。

10数年、がさつに使った結果、さすがに枠が少しゆがんでしまったことと、ワンサイズ大きなケースが欲しかったこともあって、この赤い奴に乗り換えました。実はその時、接客してくれたお店の人はRIMOWAをあまり勧めませんでした。今になってその意味がよ~く分かります。

これはあくまでも私の個人的な体験ですが、購入後3年以内に2度も致命的な壊れ方って、どんなもんですか? しかも修理も簡単じゃないので、これからはアフターサービスも万全で、とにかく丈夫なスーツケースを買おうと思います。だって、空港のターンテーブルに出てくるまで、「壊れてないかな?」って心配するの、嫌じゃないですか?

――と、楽しい旅行の前にとんんだハプニングでしたが、これも、

「気を引き締めて行って来い」

というメッセージと受け止めます。

楽しみもあるんですよ♫

明日は、リトアニアのビリニュスでポスクロ友だちと会う予定。さらに、帰国の日には、ヘルシンキ空港まで、知り合いのフィンランド人が合いに来てくれることが決まったので、短い乗り換え時間ではありますが、最後の最後まで楽しみなのだ~。

しかし、これは個人旅行ではなく、あくまでお仕事です。天気予報では快晴とはいかない様子なので、それが気がかり。