読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

この夏、旅行先として韓国が不人気だそうで

travel

今朝、テレビで今年の夏休みの渡航先ランキングをやっていました。韓国は、ここ何年か上位の常連だったそうですが、今年は7位に陥落。それを「異変」として報道していたのですが、そういう時期に韓国に旅行しようとしている私って、完全にトレンドからはずれてますね。ははは。

毎年5,6回おソウルに行くというおばちゃんが明洞でインタビュー受けてました。

「日本人? すっごく減ったわよ。全然見ないわよ~」

ふ~ん、でも去年の夏も、あんまり見なかった記憶があります。

私は数日から一週間くらい滞在するのが好きで、2泊3日のお買いもの&食べ歩きツアーは最初からスルー。エステにも行かないし、免税店もほとんど用がありません。だから、そもそも、トレンドからずれていたわけです。発酵調味料や激ウマな塩、面白い人たちにめぐり会っていなかったら、こんなに韓国に行くことにはならなかったかもしれないと思います。

今年、韓国に旅行する人が激減したということは、韓流ブームもひと段落し、かなりの日本人がソウルに1度は行ったーーという状況になったということ? そして、一部の人はハマったけれど、それほどでもない多くの人たちは、「じゃ、次、どこ行く?」てなもので、今年の人気は、ハワイ、東南アジア、そして、東欧・中欧だそうです。ポーランドとかクロアチアとかチェコとか、町全体が世界遺産になっている場所が珍しくないということで、シニア層に人気! やるな、シニアたち。

東欧・中欧、かあ。行ってみたいです。チャーター便を飛ばすツアー以外は、どこ経由で行くのかなーーというヘンなことが気になる私です。もちろんおすすめはヘルシンキ経由ざます。ボーイング787が無事飛ばせることになって、JALはヘルシンキをヨーロッパのハブにする計画なんですってね。あの小さな空港に大量の日本人(単純計算で、今までの倍!)がやってくるとなると、空港職員に日本語を話せる人を増やさないとダメなんじゃないかな。特に、入管は改善が望まれます。でも、頑張っている部分もあって、日本語の案内は確かに増えました。

そんなことより、先月行ったときに、中国(系の)人旅行客が増えてて、ビックリしましたよ。ここ、ヨーロッパかい?と思うほどに。先のテレビによると、韓国にも中国人が大挙しているというじゃありませんか。そういえば、数年前、済州島で中国人と間違われてショック受けましたが、確かに、免税店は中国人で大混雑だったな。今後、「アジアからの観光客=中国人」の図式になっちゃうんでしょうか。日本人は希少種になって、珍重されるかも。

おっと、脱線しちゃいました。

それにしても、テレビお得意の「専門家」のコメントによると、日本人は世界遺産に弱い→旅先に世界遺産のある場所を選んでしまう、ということのようですが、いいじゃん。それに、世界遺産に弱いのは何も日本人だけじゃないですよ。ポストクロッシングをやっていると、世界遺産のポストカードを欲しがっているのはアジア人に限らず、ヨーロピアンにもゴロゴロいます。実は私も、そのことを最初はとても意外に思ったんです。ま、権威に弱いのは洋の東西を問わないということですかね。