読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

ソウル旅行⑧お茶も買った

Shopping food and drink travel 韓国

今回のソウル旅行は、思ったほどモノを買っていない感じがしていたのですが、こうやって整理してみると、ボチボチ、今まで買ったことのなかったものを手に入れていることに気が付きました。

緑茶

OSULLOCのことは、昨夏の旅行で知りました。

f:id:travelsuomi:20130801114942j:plain

店頭で試飲させていただいたお茶がものすごく美味しかったのが印象的だったので、今年は買い物を前提に、仁寺洞のショップへ行きました。店内はまるで、青山のブティックみたいな感じですよ。一大観光地という立地にもかかわらずあまり混んでいないし、お客さんもやかましくないので、それだけで癒されます。

f:id:travelsuomi:20130711184543j:plain

 済州島で栽培されたオーガニックのお茶ーーというご説明でしたが、普通の緑茶だけでなく、フレーバーティやら中国茶やら、漢(韓)方っぽいものもあって、しかもパッケージがものすごくおしゃれで、思わず散財しそうになりました。去年同様、試飲サービスを担当しているのは、イケメン男子!! この日は結局、「2パック買うとお茶を持ち歩くボトルをサービス」というPRにレイコちゃんがひっかかり購入したのが、冒頭の緑茶です。

ルイボスティー

スーパーに行って思ったのですが、今、ひょっとして韓国ではルイボスティーがはやってますか? こんなにおしゃれなパッケージのフレーバー・ルイボスを発見! しかも、こう言っては何ですが、ぜんぜんオシャレではない街のスーパーの棚で見つけたんですよ。数種類あった中から、香りをかいで気に入った2種類を買ってみました。

f:id:travelsuomi:20130801112551j:plain

 ミントチョコ(右)が15000ウォン、フルーツ&ブロッサム(左)が17000ウォンです。ルイボスって日本で買うと結構高価ですから、この値段なら納得ですね。

そして、リプトンからもルイボスティー、出てました。日本でも売っていますか? 私は見たことないですが。

f:id:travelsuomi:20130801112114j:plain

「ルイボスを飲むようにしてから、体調が非常に良い」

という話を会社の先輩から聞いてきた夫が、一時、ルイボス、ルイボスと騒いでいたので、愛飲していた時期もありました。ノンカフェインで、しかも優しいお味が気に入っていたのですが、いつの間にか我が家からはフェードアウトーー今回、復活をとげました!

 普通、韓国でお茶を買う=五味子茶とかユズ茶ですかね。確かに、日本でまだ簡単には買えなかったころ、韓国に行ってはちょびちょび買っていたのですが、今は特別なモノが見つかったら、という具合にしております。特に五味子茶は、済州島で買ったすんばらしい~ものをまた手に入れたくて、ソウルに行くたびに探すのですが、探し方が悪いのか、なかなか巡り合えません。

済州島に行ったときに現地の方からお聞きしたのですが、済州島でとれる五味子の実は黒いんです(ふつうはきれいな赤い色ですね)。そして、赤いものよりミネラル分が豊かで、体のためにはとてもよろしいとか。私は、その済州島産五味子を済州島産のはちみつに浸けたものを買ってきて、大切に大切に消費していましたが、いつかはなくなる日がくるもので、今、切実に「欲しい!」のです。というわけで、ふつうの赤い五味子のお茶は買わないんだ。

番外編

これはお茶ではなく、お茶うけ。大好きな新世界百貨店の地下をうろちょろしていたときに、売り子のおば様の熱心な販売トークに押されて、思わず買ってしまった梅です。

f:id:travelsuomi:20130801111717j:plain

言語不自由ゆえ、商品のことがよく分からなかったのですが、どうも韓国随一の名人が作ったもので、食べてみたら、梅酒を作ったときに出来る副産物の梅、という感じの食べ物でした。

f:id:travelsuomi:20130801111848j:plain

でも、さすがに名人作だけあって、非常にお上品なお味です。エキスの方も買えばよかったかも。暑い夏をこれで乗り切ります。