読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

リトアニアレポート 【フィンエアーでビリニュスへ】

Finnair travel Baltic states

5月の末にバルト諸国のリトアニアとラトビアに行ってきました。

行かれる方はまだまだ少ないと思いますので、少しご紹介します。

まずはルート。日本からは絶対にヘルシンキ経由が便利です。なぜって? 日本から直行便で飛べるヨーロッパの都市で一番近いのがヘルシンキ。そして、そこから1時間ちょっとでバルト諸国に到着するからです。

今年はフィンエアーがマリメッコとコラボレーションしているので、運が良ければマリメッコジェットに乗れるというのも、お楽しみですね。私の日程では、まだマリメッコジェットが間に合っていなかったのですが、機内はエコノミークラスでも、紙コップやナプキンがマリメッコでした!

f:id:travelsuomi:20130525122942j:plain

 お食事のときにビールを頼んだら、右のプラスチックカップで出されたので、

「お願いだから、マリメッコのカップをください」

とねだってみたら、空のカップを手渡されました。どうも、ビールはプラスチックでサーブするというマニュアルがあるみたいですね。

カップには、マリメッコ×フィンエアーのロゴと、柄の名前が印刷されていて、思わずテンションが上がりました。

f:id:travelsuomi:20130525123242j:plain

誰でも知っている花柄・ウニッコをチョイスしていないところがポイント高し。でも、機体にはあのお花がでかでかと印刷されているようです。

ナプキンはこちらの柄。

f:id:travelsuomi:20130525123013j:plain

 全体的にシックというか、大人な雰囲気を演出しようとしている意図が感じられました。確かに、真っ赤だったりオレンジだったりしたら、ちょっと疲れるかもしれないです。フライト中は心穏やかに過ごしたい私にとって、このくらい地味目でちょうどよかったと言えます。

私が乗った便で使われていたマリメッコ紙コップの柄は2種類で、もう一つがこちらの青いドット柄。写真で振り返ると、ワインもプラスチックで配っていたんですね。

f:id:travelsuomi:20130525140053j:plain

二種類を並べて記念撮影しておきました。

f:id:travelsuomi:20130525140103j:plain

ヘルシンキで乗りかえて、あっという間に、リトアニアの首都ビリニュスに到着しました。到着便のボードで、上から三つ目が私たちの乗ったAY2133です。

f:id:travelsuomi:20130526000429j:plain

空港は小ぶりながらも、天井が高くて、柱にはゴージャスな装飾も施されていて、大人な雰囲気でした。

f:id:travelsuomi:20130526000440j:plain

シャンデリアもあったりするのです。

f:id:travelsuomi:20130526000404j:plain

空港に一カ所だけあった両替所では、日本円もOKでした。私は、前の旅行で残っていたユーロを、リトアニアの通貨リタスに換えました。このすぐ近くには、キャッシュディスペンサーもあり、クレジットカードでキャッシングすることもできます。

f:id:travelsuomi:20130526000506j:plain

 空港の外観はこんな感じで、ちょっとした駅みたいですね。この日は5月下旬。雨が降っていたこともあって、すごく寒かった……。

f:id:travelsuomi:20130526001146j:plain