読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

オージーからお礼状

ストクロッシングをやっていると、時々、「お礼状を出したい」と言われることがあります。私は割り振られた送り先にハガキを出すわけですが、たまたま、その時の話題で盛り上がったりすると、

「私からも出しますね」

とか言って下さることがあります。私もたま~にそういう気分になることもあります。また、

「あなたからもハガキを送ってほしい」

というおねだりが書かれたオフィシャルが届くこともあります。

ところが、私に住所を聞いてきても、“なしのつぶて”ということが相次いだため、近頃はもう期待しないことにしていたんです。

九月のある日、このハガキがほかのポスクロのハガキと一緒に届きました。

f:id:travelsuomi:20131003173916j:plain

いかにもオフィシャルで届きそうな1枚。でも、IDが書かれていません。

送り主探索サービスで問い合わせても、該当者なし。

困って、私は自分のプロフィールに、書かれていた名前と届いた日を書き加えました。私のプロフィールを見てくれたら、連絡して下さると思って。

そうしたら、今日になって、

「あれは個人的なお礼状だから、IDはないですよ~」

というメッセージが届いたのです。すぐには思い出せませんでしたが、2時間ほどたったところで、「!」。そうそう、そういえば、オーストラリアの方から住所を聞かれていたことを思い出したのです。私はこのオージーの女性のことはすっかり、完璧に忘れていました。

顔から火が出そうでした。彼女に申し訳なくて。で、さっき、お詫びのメッセージを送っておきました。

このハガキ、メッセージが天地逆に書かれていて、出だしに「G'Day from Down Under」とありました。ダウン・アンダーって何? 調べてみたら、南半球が北から見ると下にあることから、オーストラリアやニュージーランドを指す言葉となったようです。ボキャブラリーが一個増えました。

もう一つ、切手の横に、送り主さんがご近所でよく見かける鳥のシールを貼ってくださいましたが、日本の鳥たちとは全く違います。

f:id:travelsuomi:20131003173933j:plain

この子たちを日常的に見るのはどんな気分なんでしょう。ポスクロのお陰で、世間が広がると感じるこのごろ。