読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

コックピット拝見

ムーミンアドベントカレンダー 本日のフィギュア

大きめのが出てきそうだな~と思ったら、やった! ニョロニョロです。

f:id:travelsuomi:20131211102630j:plain

フィンランド語ではHattivattiで、複数形は Hattivatitになります。

 

さて、本日はフィンエアーのコックピットをお見せします。ヘルシンキに向けて一路、飛行中の図。

f:id:travelsuomi:20131124160129j:plain

 左が機長、右が副操縦士です。フィンランド人CAさんによると、副操縦士さんは「イケメンよ~」。

f:id:travelsuomi:20131124160135j:plain

 さて、機材に寄ってみましょう。メカの塊ですよね。

私、その昔、仕事でとあるアメリカのエアラインのパイロット訓練所を見せていただいたことがあります。その時に、ああ、恐ろしくも、操縦体験をさせられた、もとい、させていただきました。当然なんですが、難しいこと難しいこと。離発着、まったくもって、ぜ~んぜんできませんでした。あれが本当のフライトだったら、即刻墜落ですわ。

だから、飛行機をちゃんと操縦してくださる方を、私は無条件で尊敬し、感謝しておるわけです。たたずまいだけで、惚れちゃう。カッコイイ!!!

そんな話を先日、元CAをやっていた友達に話したら、彼女は、

「んー、パイロットもいいけど、私は整備士さんたちに惚れちゃうね~。だって、あの人たちの仕事っぷりはすごいよん。彼がちゃんと整備してくれているから、パイロットは楽チンに操縦してるんだから」

操縦は絶対に難しい仕事だと思いますが、確かに、縁の下の力持ち的な整備士さんたちのお仕事ぶりを想像すると、テンション上がるなあ。プロの仕事って、ほれぼれします。