読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

ライオンの雄姿にフィンランドのデザイン切手

f:id:travelsuomi:20151021135119j:plain

ポスクロで知り合ったフィンランドの女の子のペンパルMから、唐突に送られてきたライオンの雄姿。ストックホルムまでクルーズで行き、FotografiskaでNick Brandtの展示を見てきたといいます。

 彼女からは今まで、おびただしい数のムーミンカードを頂戴しています。今回のカードは異色。でも、すごく力強い写真だったので、写真家のことを調べてみました。ポスクロをやっていると、思いがけない情報がひょいっと飛び込んでくるな、といつも思います。この写真家のことは、Mのお陰で知ることができました。

Nick Brandtはアフリカを専門に撮影しているイギリス人。Wikipedia の表現では、「人の手によって失われる前に野生動物や自然を記録すること」を目指しているようです。

このライオンの作品は、"Lion Before the Storm II, Sitting Profile" というタイトルで、2006年にケニアのマサイマラ国立保護区で撮影されました。彼の代表作の一つのようです。

Fotografiskaという、写真美術館のような場所でMとボーイフレンドが見たのは、こちらの展覧会でしょう。確かにすばらしい!

fotografiska.eu

彼の写真展、日本に来ないかな~と思って、写真家のオフィシャルサイトを見たのですが、来年はアメリカやヨーロッパ何カ所かで新作の発表が予定されているみたいです。タイミングが合えば、見てみたいですね。

Mから届いたハガキには、フィンランドの人気食器ブランドの製品の切手が貼ってありました。

f:id:travelsuomi:20151021135125j:plain

フィンランドや北欧雑貨が好きな人にはお馴染みすぎるこの図柄。我が家では、モノクロバージョンの楕円形のお皿を愛用しています。だから、親近感ありあり。

ですが、デザイナーの名前なんて気にしたこともなかった。あらためて、Birger Kaipiainen氏だったんですね。画像検索をかけると、ステキな作品の写真が続々と見つかりました。クールで整った北欧デザインというより、エスニックな雰囲気をまとわせたお皿などがちらほら。久しぶりに物欲が刺激されました。