読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

Thank-you カードが続々と

postcrossing

海外の方とランダムにポストカードをやりとりするポストクロッシングを始めて、試行錯誤の末、なぜか最近、

「あなたにお礼状を出したいので住所を教えてほしい」

と言われることが増えております。ありがたいことじゃ!

そして数日前、どどどーんと、その手のハガキが届いたのでした♬

f:id:travelsuomi:20160609082249j:plain

 

 正直な話、そんなこと言ったって送ってこないことを何度も経験している私ですから、あまり期待してなかったです。でも、来ました!

まずうれしかったのがスロバキアのおじちゃんからの1枚。この方はお名前の表記がちょっと不思議だったのです。オフィシャルで彼に私からハガキを送ることになった時、頭の中で思いっ切り「???」がさく裂しました。そこで、正直にお尋ねしたのです。

「あなたはどうして、お名前をこのように表記なさるのでしょう」

それが、ご本人に刺さった!

相当うれしかったようで、「私の名前の書き方について質問したのはあなたが初めてだよ。だから記念に(笑)私からもカードを送りたいな」と連絡が来ました。

そして届いたのがこちらです!

f:id:travelsuomi:20160609082202j:plain

いやはや、うれしかったのなんのって。そもそも忘れていたくらいですから、好みのカードが届いて「ヤッホー」状態です。

そして切手には、スロバキア自転車競技のチャンピオン、Peter Sagan(日本語表記では「ペーター・サガン」でした)をセレクトしてくさだいました!

f:id:travelsuomi:20160609082209j:plain

イケメンじゃ!

同じ日に届いたもう一枚の「ありがとカード」は台湾から届きました。

f:id:travelsuomi:20160609082215j:plain

とある日、台湾の男子大学生に私はポストカードを送っておりました。その際、彼のプロフールに書かれたお誕生日が迫っておりました関係で、

「もうすぐお誕生日ですね。おめでと」

と書いたらしいです。書いた本人と、受け取った人のパッションの温度差がすごすぎて、

「ありがとーーー!!! うれしすぎる!!! お礼状を送りたい」

と言ってきたので、教えておいて、完全に忘れていました。

なのに、律儀に送ってきたんですねぇ。

「知らない外国人から誕生日を祝ってもらうのは初めて。めっちゃ感激」

だそうです。

もいっこ台湾から。

こちらは、少し前になりますが、あまり気乗りしない感じのお相手に、申し訳ないのですが、当たり障りのないカードに当たり障りのないメッセージでお送りしました。なのに! 「あなたにお礼状を書きたい」と言ってくださったお母さんからいただいたカードです。

f:id:travelsuomi:20160609082143j:plain

台湾への愛が満載。

不思議なのですが、台湾の方は

「台湾は美しい場所です」

「一度ぜひ、お越しください」

みたいなメッセージを、プロフィールにもカードにも書かれていることが多い気がします。ひるがえって私は、日本は大好きだけれど、

「日本は美しい国です」

なんて、恥ずかしくて書けないわ。

このカードに貼ってくださった切手が、マーベラス

f:id:travelsuomi:20160609082300j:plain

台湾の方は親日な印象がするので、境界線でもめるのだけはやめましょうね、お願い。