郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

ポスクロをやってて残念な瞬間

世界中のメンバーの中からランダムに割り振られる住所。新しい住所をリクエストするときは、「今度はどんな人かな?」とわくわくし、気に入ってもらえそうなカードや切手を選ぶのも、楽しみの一つです。ただ、「この人には送りたくない」と思う残念な瞬間もあるんですよ、当然ですが。

 カードについての要求が細かすぎる人、許容範囲が狭すぎる人に当たると、テンションは急降下。「あなたの国のコイン(注:使用済み切手、乗り物のチケット、ティーバッグなど、追加のおねだりは多岐にわたる)を同封してくれ」とすら書いている人もかなり存在しますが、そういうのは、仲良くなった相手や同好の士と個人的にやってほしいものです。

さきほど私に割り当てられたのは、オランダの三児の母。カードの絵柄云々の前に、まず一言:何も書かずに封筒に入れて送ってほしいーーだそうです。プロフィールの出だしが、それ!

時々いるんですよ、いわゆる「unwritten」を希望する人。この人の長~~いプロフィールの文章中、「unwritten」の指定は何度も登場します。

当然、封筒に入れる羽目になりますよね? 私はポストカードを封筒に入れて送らない主義です。だって、ポストカードなら世界中どこへでも1枚70円で送れますが、封書の場合、送り先によっては倍近くかかります。さらに、本来であれば必要ない封筒代もかかるじゃないですか。そもそも、未使用のカードをが欲しいということ自体、ヘン! 私はコミュニケーションを楽しむためにポスクロやっているのであって、ポストカード購入代行屋ではないんですYO。

今回のオランダ人のようなユーザーにあたってしまった場合、「いいわよ~、私、あなたの好み、ぜ~んぶかなえてあげる💛」という方は好きにしていただいていいのですが、大半の日本人メンバーさんは、カチンと来たとしても「ど、どーしよー」と悩むでしょうね。だって、日本人は基本、親切だし、相手に強く言われるとNOって言いにくいし。そんな「日本人な」私ですから、選択肢3つの中で悩むわけです。

  • 自分のポリシーを曲げてでも相手を喜ばせるために、余計な経費をかけて、書かずに封筒に入れる 
  • 封書の方が高くつくのでハガキのまま送ることを説明する、もしくは、そんなことはおくびにも出さず、封筒に入れずに70円分の切手を貼ってそのまま投函
  • その人には出さない

でも、「出さない」というのは、ルール違反。知っていながら、私は一度だけ、「出さない」選択肢を選び、実行したことがあります。相手は、ポストカードの絵柄を細かく指定する「封筒に入れよ」派で、「私はいつも相手の好みにぴったりのカードを送るので、あなたにもそうしてほしい」と命令口調で書くなど、やたらと面倒くさい人でした。でも、フェアプレーを大切に思っている以上、何らかのカードを送るべきだったと、今では反省しています。よし、ここは、メンタルを強くして、何とか好きそうな絵柄のカードを、封筒に入れずに送るとしましょう。

「ほかのメンバーは、あなたの希望のカードを送る義務はありませんからね、そのことはちゃんと理解してください」という趣旨のご注意が、ガイドラインに記載されています。ここを少し拡大解釈すると、相手が指定したカードの送り方に従う義務はないということになりますよね。よし。

一方で、自分が封筒に入れないで送る以上、私へのポストカードも封筒に入れないでほしいので、ある時からそのことをプロフィールに書いています。すると、「私の国では外国向けの郵便物は封筒に入れなければならないんです。本当にごめんなさい」と書かれた、封筒入りのポストカードを、中東のメンバーから受け取ったことがあります。封筒に入れるか否か問題、実は奥が深いものなんですね。ため息。

/*********フォローボタン**********/ .follow-btn{ width: 100%; margin: 5px 0px 5px 0px; } .follow-btn ul { list-style: none; display: -webkit-flex; display: flex; margin: 0; padding: 0; } .follow-btn li { height:100px; width: 100%; -webkit-transition: width 0.3s ease-out; transition: width 0.3s ease-out; display: -webkit-flex; display: flex; -webkit-align-items: center; align-items: center; -webkit-justify-content: center; justify-content: center; } .follow-btn li:hover { width: 200%; } .follow-btn li span{ line-height:2.5; font-size:180%; font-weight: normal; font-style: normal; font-weight: normal; -webkit-font-smoothing: antialiased; -moz-osx-font-smoothing: grayscale; } .btn1{ background: #5F5E5E;/*読者ボタンの背景色*/ } .btn2{ background: #6FB6C3;/*Twitterの背景色*/ } .btn3 { background: #82C36F;/*Feedlyの背景色*/ } .btn4 { background: #6998b9;/*Facebookの背景色*/ } .btn1-icon:before{ content: "\f000";/*はてなアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn2-icon:before{ content: "\f035";/*Twitterアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn3-icon:before{ content: "\f04e";/*Feedlyアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn4-icon:before{ content: "\f036";/*Facebookアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .follow-btn a { width:100%; height:100%; font-size: 13px; line-height: 1; font-weight: normal; text-decoration: none; text-align: center; color: #fff; -webkit-transition: all 0.3s ease-out; transition: all 0.3s ease-out; }