郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

届いていないハガキを登録してほしいと言われたら

送ったハガキが相手に届かないよ~~~。ポストクロッシングを始めたころは、送れる数も届く数も少ないし、日本みたいにサクサク郵便が届く国はむしろ少数派なので(あくまで私の個人的な感想ですが)、自分のハガキがしばらく登録されないと、ソワソワしますよね。その感覚は万国共通なんでしょうが、だからと言って「私が送ったハガキのIDはこれこれです。いつか必ず届くはずなので、今、登録してください」というメッセージがきたら、どうします? 

 8月31日、ポスクロのサイト経由で送られてきたメッセージ。タイトルは「ハイ!ポストカードについて」。送り主は、とあるアジアの国の男性ポストクロッサーさんです。

はて、いったい何だろうと思って読んでみたら、こう来ました。

「私のカードを登録してください。あなたに送ったハガキは時間がかかりすぎているからです。私の送ったカードは必ず届くことを保障しますので」

これを読んだ時、私が思ったのは、「この国からのカードが、また、期限切れになったのか」ということです。私も、送ったカードが60日を超えてExpiredのステータスになったら、①あなたにカード(IDはこれこれ)を送りました ②もう受け取っているのなら登録をお願いします。まだだったら、そのうち届くと思うので、その時はよろしくね、というメッセージを送りますが、届いていなくても登録してほしいと言ったことはありません。

ポスクロのガイドラインでは、届いたカードはすべて登録作業をしなければならないし、届いていないものは登録してはいけない、と定められていますよね。そして、そういうリクエストが来たら、報告してくださいとも!(Registering postcards on arrivalをお読みください)

f:id:travelsuomi:20170904131230j:plain

ですので、登録を依頼してきた人には、「もらってないものは登録しちゃダメって書いてあるから」と、お返事を出しました。今までも似たようなメッセージが来たことはありますが、「来たら登録するのでしばしお待ちを」と回答すると、それ以上何か言ってくることはありませんでした。

でも、この御仁、めげなかった。

その翌日、またしても、「登録してほしい!」のメッセージを送ってきたのです。「15通もすでにExpireしてしまって(にっちもさっちもいかないので)、とにかく、あなたには登録してもらいたい」と、一歩も引きません。

この段階で、あまりのしつこさに一瞬、「登録してあげた方が楽だな~」と思ったのも事実。無視するのも気持ち悪い。そこで私はガイドラインの定めに従って、ポスクロの運営委員会(みたいなところ)に報告したんです! こんなことをしたのは初めて。でも、この手順どおりやったら、ちゃんとメッセージがしかる場所に飛んでいきました。

f:id:travelsuomi:20170904131354j:plain

わずか数分後、運営担当者からメッセージが届き、リクエストのメールの文面かスクショを送ってほしいと言われました。その段階で相手が特定されるので、しかるべき処置を検討してくれることが分かったので、メールの文面すべてをコピーして送りました。

そして、数時間後、別の人物から、私の報告へのお礼と、「登録リクエストを送った人物への対処はこちらでやります」という内容のメールが届いた段階で、この問題は私の手を離れました。

もちろん、登録してあげたいと心から思うなら、それも「アリ」かとは思います。実際、Expireしたカードについて連絡をとった相手が、あくまで好意で登録してくれたことが今まで何度かありました。自分のプロフィールに、「60日以上たってしまったら連絡してください。登録するのでIDを教えて」と書いている人もたくさんいます。それについて、運営母体は、スルーしているんだと思います。やんわりとお願いするならともかくも、強硬にリクエストしちゃダメ。そして、断られたら素直に引くーーと。

似たようなことが起きたら参考にしていただきたい、という思いでご紹介しましたが、こんなことは5年やってて初めてです! 基本的にはフツーに楽しんでいる人がほとんどなので、どうかビビらないでください。トラブルに対処しようとしてくれる場所があることが確認できたので、どうぞご安心を。

/*********フォローボタン**********/ .follow-btn{ width: 100%; margin: 5px 0px 5px 0px; } .follow-btn ul { list-style: none; display: -webkit-flex; display: flex; margin: 0; padding: 0; } .follow-btn li { height:100px; width: 100%; -webkit-transition: width 0.3s ease-out; transition: width 0.3s ease-out; display: -webkit-flex; display: flex; -webkit-align-items: center; align-items: center; -webkit-justify-content: center; justify-content: center; } .follow-btn li:hover { width: 200%; } .follow-btn li span{ line-height:2.5; font-size:180%; font-weight: normal; font-style: normal; font-weight: normal; -webkit-font-smoothing: antialiased; -moz-osx-font-smoothing: grayscale; } .btn1{ background: #5F5E5E;/*読者ボタンの背景色*/ } .btn2{ background: #6FB6C3;/*Twitterの背景色*/ } .btn3 { background: #82C36F;/*Feedlyの背景色*/ } .btn4 { background: #6998b9;/*Facebookの背景色*/ } .btn1-icon:before{ content: "\f000";/*はてなアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn2-icon:before{ content: "\f035";/*Twitterアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn3-icon:before{ content: "\f04e";/*Feedlyアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn4-icon:before{ content: "\f036";/*Facebookアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .follow-btn a { width:100%; height:100%; font-size: 13px; line-height: 1; font-weight: normal; text-decoration: none; text-align: center; color: #fff; -webkit-transition: all 0.3s ease-out; transition: all 0.3s ease-out; }