郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

ブレーメンからの贈り物

ドイツから届いたこの荷物、Postcrossingがらみのお届け物です。

f:id:travelsuomi:20190526182410j:plain

三月吉日。私はいつも通り、ドイツの方の住所を割り振られました。

相手のプロフィールに、目が点(・_・)

「私は数か月ごとに、ブレーメンやドイツのグッズをプレゼントしています。興味がある方はくじ引きに参加してください」

なんて、太っ腹なことが書いてあったので。

ですので、オフィシャルを送る際、メッセージに、何でそんなことやているのか、とか、何を送っているの、とか書きつつ、

くじ引きに参加します

を書き加えました。

それから時は流れ、このくじ引きのことはすっかり忘れていたある日、この方からメッセージが届きました。

おめでとうございます。当選しました!

そして、その数日後、荷物の追跡情報のリンクまで送られてきたので、

「あら、本当に荷物送ってくれるのね」

と興味津々で待つこと数日。

ピンポーン。届いたのが、日本で言えば60サイズと80サイズの中間位の段ボールです。

荷物の中身は番号順に

 荷物を送るという連絡の時に、中身に番号が振ってあるから、まず、1番から順番にオープンしてほしいという指示が届いていました。そして、本当に、番号がついた封筒や小包がコロコロ出てきたんです。

f:id:travelsuomi:20190526181447j:plain

f:id:travelsuomi:20190526182441j:plain

遊び心、そして、郷土愛いっぱいの男性であることは明らかです。包みを開けるごとに、ブレーメン製のあれやこれや、次から次へと現れました。

f:id:travelsuomi:20190526182453j:plain

チョコレートやキャンディー、オーガニック紅茶など、口に入れるものは、今のところ消費を保留。でも、毒入りではないだろうと、近日中にトライしてみようと思います。

一番うれしかったのは、こちらです。

f:id:travelsuomi:20190526182503j:plain

ドイツのガラスメーカーWECKのキャニスターに入った、手作りキャンディーです。本場から来た感じ、すごくしますねー。

お返しを送りたいけど、準備する時間をくださいね

とお礼のメッセージに書きました。「東京のグッズをいただければ、うれしいけど、負担に感じないで! あくまで自分がやりたくて送っているプレゼントだから」

さーて、メイド・イン・トーキョーって何を送ればいいでしょうか? とりあえず、Tokyo 2020のバッジとか?