読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

ヘルシンキの市民の足 トラム

ヘルシンキ市内なら、トラムを利用してどんどん移動していきましょう。ヒューマンウォッチングにも最適。たとえば、女子高生が電話に出る時、日本人が「もしもし」と言うところを「モイカ!」と言うとか、おじさんは「モーーイ」みたいに言うとか、そんなことも知りました。おばあさんの二人連れからは、同年代の母が「どこから来たの?ヘルシンキはいかが?」なんて話しかけられ、私が「すてきな市ですね」と何とかフィンランド語で行ってみたら、通じたんですよ!!「フィンランド語ができるの!」なんてほめてもらって、めちゃくちゃ恥ずかしかった(だって、ほとんど話せないので)。

乗るたびに料金を支払うこともできるようですが、私たちは3日間有効のチケットを買いました。これで、ヘルシンキ市内の乗り物はオールOKになりました。スオメンリンナへの船も市の運営なので、このチケットでカバーされました。

トラムは街中でも最優先で走行しています。こんな感じ↓。

f:id:travelsuomi:20120603024037j:plain

ヘルシンキに着いた初日、見たかったものといきなり遭遇しました。パブトラムです。

f:id:travelsuomi:20120603023728j:plain

ビール会社との共同運航で、夏の期間だけお目見えすると聞きました。しかも1両編成。行先は「PUB」ですよ!なんてしゃれているんでしょうか。中でアルコールなどが、別料金で飲めるそうですが、残念ながら私たちは乗る時間がありませんでした。

f:id:travelsuomi:20120607165149j:plain

町の真ん中には、トラムを模したコーヒーショップもありました。

f:id:travelsuomi:20120602003723j:plain

中をのぞくと……店員さんもトラムの運転手みたいな恰好。ノリノリで、いいですねぇ。

これ以外にも、レトロな車両を使った観光用のトラムも走っていました。夏のヘルシンキは、観光客を楽しませるしかけが色々とあるようです。