郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

映画に行ってきました、と台湾人が言う件

先日ポストクロッシングで受け取った台湾からのポストカードは、目を疑う内容でした。

「今日、おじさんと映画を見に行ってきました。タイトルは『Kiokuya』です。知っていますか?」

書かれた日付は2020年3月28日です。消印は4月6日だけど。

ちょっと待ってよ~!

日本は今、コロナウイルスが爆発中で大変なんだよ~。人との接触を8割減らさないといけないから、みんな、頑張って自宅にいるんだよぉ。

だから、繁華街や人がたくさん集まる場所は「行っちゃいけない施設」になってて、私の住んでるところでは一定規模の広さの映画館ももちろんNG。そもそも、コロナウイルスを本気で広めてはいけないと思ってたら、映画館には行かないんじゃないのかと私は思っています。

「本当に今日じゃなきゃダメですか?」と聞かれたら、映画はYESじゃないでしょ? 

ところかわって、台湾では映画館って営業してるのね? ある意味、スゴイ。コロナ対策が日本とは異なるんでしょうけど、妙な違和感を覚えます。

善意に解釈するとですね、この子(ちなみになんだけど、新北市在住みたいですが、ここってコロナウイルス撲滅宣言出てるのかしら?)は、見に行ったのが日本映画だったので、お気楽に書いてくれたんだとは思います。

今後、『記憶屋』と聞くたびに、コロナ騒ぎで大変だった時にこの映画を見に行った台湾人がいたこと思い出すと思います。