読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

韓国旅行2012 ②OMGなミュージアム×2

韓国 travel

参鶏湯で突き出たお腹をさすりながら、友だちとの待ち合わせに急ぎました。OLして貯めたお金で、1年間東京に自費語学留学し、帰国して間もないソンミさんが、私たちの街歩きに付き合ってくださることになり、餅博物館前で合流です。

f:id:travelsuomi:20120801172227j:plain

ここはレイコちゃんが行きたがってた場所で、私はまったく興味なかったけど、期待以上でした。

何が? 受付のおじさんですよ。

「チケット、大人3枚お願いします」(レイコ)

「ええ? 見るの? 本気かよ」(おじさんの表情から想像)

「何言ってんのか分かんないな。ソンミさん通訳して」(レイコ)

「レイコさん、本当にここに入りたいですか?」(ソンミさん)

「何で? 面白そうじゃん。だめ?」(レイコ)

「あの、おじさんが言うには、中は何も見るものがないらしいいです。入ってもつまらないから、お金がもったいないって」(ソンミさん)

「……」(レイコ+私)

ま、併設のカフェで餅を使ったものでも食べれば(まだ食べんの?)、博物館で見るだけよりは心に残るでしょう、ということで作戦変更です。おじさんと一緒に写真だけ撮りました。一同笑顔(というか苦笑)。お見せできず残念です。それにしても、博物館で「入場拒否」にあったのは初めてです。韓国、最高!

併設のカフェは、おやつもドリンクも充実。店内装飾もラブリーですよぉ。餅は慶事に欠かせませんというディスプレーもかわいいわ。想像するに、こういうのが博物館の中に延々と展示されているのでしょう。だから、おじさんとしては、「そんなもん見るんだったら、となりのカフェでおいしいモンでも食べて、チラッとディスプレー見なさい」ということなんでしょうな。

f:id:travelsuomi:20120801162032j:plain

きれいなデコレーション餅ケーキとかご贈答セットなどもすごく充実していました。

f:id:travelsuomi:20120801161830j:plain

わたしが一番心を奪われたのがこちらのりんごケーキ餅です。ところで、「ケーキ餅」って何? 今になってすごく気になっています。

f:id:travelsuomi:20120801161910j:plain

さすがにケーキ餅の類はあきらめましたが、我らは餅のトッピングされたかき氷を注文。だって、汗が引かないのよ。ソウルも35度とか平気でありましたから。現地のお作法では、きれいに盛り付けられたかき氷でも、ぐちゃぐちゃに混ぜちゃいます。まさにビビンパの本場ですね。慣れないうちは、日本人みなさん、のけぞります。

f:id:travelsuomi:20120801163349j:plain

さて、旧交を温めつつ、甘いモノで英気を養い、汗も引いて気力充実、お次は私が惚れ込んでいる木人美術館へ行きま~す♪♪ ザッツ・韓国・ヘタウマ大賞~な、素敵な美術館ですよん。

f:id:travelsuomi:20120801174223j:plain

f:id:travelsuomi:20120801174158j:plain

入口からして、「これは期待できる!」感じがしませんか? もうすでにワクワク(行くのは二度目)。

f:id:travelsuomi:20120801174500j:plain

土葬が盛んに行われていたころ、死者を運ぶ輿の装飾品として使われた木彫りの人形(木人)を中心に展示している個人の美術館です。韓国のものだけでなく、アジア各地から集めたお面なども展示している場合があります。

ここではぜひ、木人さんたちとじっくりお会いください。「彼ら」は誰かに見せるためと言うよりは、死者を弔う気持ちで掘られた人形たちです。どことなく哀愁漂うものの、おかしみを誘う表情が多く、また、鬼気迫るものもあって、見飽きることがありません。

f:id:travelsuomi:20120801174545j:plain

f:id:travelsuomi:20120801174609j:plain

f:id:travelsuomi:20120801180028j:plain

f:id:travelsuomi:20120801180306j:plain

f:id:travelsuomi:20120801180329j:plain

ねえ、ほら、アートしてます。かわいいです。一つもらっていきたい!!

f:id:travelsuomi:20120801174744j:plain

天井には鳥も飛んでますよ。

f:id:travelsuomi:20120801180806j:plain

▲これなんて、ちょっとバリ風。

f:id:travelsuomi:20120801180949j:plain

f:id:travelsuomi:20120801181623j:plain

 どなたのお葬式用だったのでしょう、とにかく豪華絢爛。設計図もありました。

そこで疑問がーー。ここのコレクションは、よく残っていたなあと思うのですが、ま・さ・か、掘り起こして来たりしていませんよね? 用途が用途なだけに、気になります。

この美術館は、展示法もしゃれているから好きなんです。

▼窓枠に置いてあったり、

f:id:travelsuomi:20120801174805j:plain

▼階段横で愛嬌をふりまいていたり、

f:id:travelsuomi:20120801180239j:plain

▼家具の中に潜んでいたり、

f:id:travelsuomi:20120801174558j:plain

▼天井の梁にちょこんと乗っていたり。

f:id:travelsuomi:20120801181942j:plain

時間があれば、オリジナル木人ストラップを無料で作ることができます。いくつかの形から好きなのを選んで、あとは好きに彩色するだけ。このカップルも無心にマイ木人の制作中でした。

f:id:travelsuomi:20120801175625j:plain

私たち3人も作って、マイバッグにつけてみました。

f:id:travelsuomi:20120801192113j:plain