郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

ヨゼフ・チャペックの切手

チェコからいただいたポストカードに一枚、それは美しい切手がちょっと斜めに貼ってありました。

ポスクロ仲間と本の話

先日、ポストクロッシングでスペインから届いたポストカードに I've recently read a book called "The Sky is blue, the earth white" by Hiromi Kawakami. と書かれておりました。典型的な日本食が次々出てきて、読んでいて楽しかった、とな。川上弘美さん…

Go To TOKYO

東京都民が仲間はずれにされていたGo To トラベル事業ですが、今月から東京都も対象となり、混乱が続いておりますね。そうなる前、「東京がまだすいていて、ホテルの宿泊代もお得なうちに楽しもう」ということで、9月下旬、都内某所のホテルで二泊三日のアー…

「世界遺産」って実際、どう?

先頃、フィンランド人にポストクロッシングのオフィシャルを送ることになり、白川郷のきれいな1枚をチョイスしました。というのも、 「私は旅行が大好きで、旅先のアイデアを常に探しています。参考にしたいので、あなたの国の世界遺産のポストカードをお願…

あぁ、東海道五十三次

国際文通週間の切手、今年は東海道五十三次のすべてが、1枚70円の額面で発売になりました。55枚のセットでのみ販売というそのニュースを偶然知ったのが、発売前日。普段ならスルーする私ですが、今回は、 「絶対に買う!」 との叫びが心の中をこだましました…

好きな言葉、座右の銘

ポストクロッシングをやっていると、あなたが好きなquoteを紹介してください、というリクエストを見かけます。好きな言葉、心の糧にしている言葉、座右の銘ーーという感じでしょうかね。私は、「一隅を照らす」と書くことにしています。すると、思いがけない…

今月いただいた美切手

以前も紹介したと思いますが、こちらのロシアの切手はまさに白眉。とくとご覧あれ。

World Postcard Day の公式カード

ここ一ヶ月ほど話題になっている「世界ポストカードデー」ですが、何のことだかよく分からないうちに、オフィシャルデザインのポストカードが我が家においでになりました。

リトアニアでJapanese Weekend

ポストクロッシングで仲良くなったリトアニア人のIさんから、メール(笑)が来ました。 この週末、首都ビリニュスでジャパニーズウィークエンドが開かれます、って。

「北極」より絵はがき来たる

アメリカはアラスカ州より、ポストクロッシングのポストカードが届きました。アラスカから来ること自体がうれしい出来事ですが、メッセージを読んでいて、目が点! 「Hello from North Pole, Alaska!」 ほ、北極、ですか?

オーランド諸島のミートアップ参加者に当たる

昨日、オーランド諸島(フィンランドの自治領)で開かれたポストクロッシングのミートアップから送ってもらったカードを紹介しました。そして、本日、オフィシャルを1枚出そうと思って住所をリクエストしたところ、フィンランド人メンバーでした。この人、最…

オーランド諸島でのミートアップ

このコロナ禍でも元気にミートアップに参加した方から、ポストカードが届きました。

1年以上前に送られたポストカードなの?

こんなにかわいいポストカードが、ポストクロッシングのオフィシャルで、チェコから届きました。

ポストクロッシング仲間が書いた本

先日、「私はプロの物書きです」とプロフィールに書いていらっしゃるフィンランドのメンバーにポストカードを送ることになりました。プロの作家? 詩人? それともジャーナリストかも。興味が沸いたので、質問を書いてお送りしていたのでした。

Legendの大ファン!

過日、ポストクロッシングで住所をリクエストしたときのことです。ヨーロッパ在住のメンバーのプロフィールに思わず、ほっこりしたーーというか、「目が点になった」出来事がありました。とにかく、うれしかったのでシェアしたいです。

あなたにカードを送るのは二回目です、ルン♬

久々に出ました、二個以上のアカウントを有するポストクロッシングメンバー。今回は、私が見つけたのではなく、自己申告というパターンで明らかになりました。しかも、一日に二人も、です。ちょっとへこむ。

犬の切手

ロシアから届いたポストカードに貼ってあった犬の切手には、美しく悲しい物語が隠されておりました。

エアメール引き受け再開国がまた増えた♬

今まで船便はOKでもエアメールがダメな国の中に、ポストクロッシング熱が高い国がたくさんありました。明日から再開予定の中に、トルコとベラルーシが入っていてうれしい! 住所を書き切手も貼って、あとはメッセージを書くだけに準備しておいたポストカード…

アヤソフィアの「モスク化」

イスタンブールの大人気観光地(とあえて言わせていただきます)アヤソフィアが、再び宗教施設としてのモスクに戻ることになり、先頃、金曜礼拝が行われました。その判断が下った時に、「ええ、何でぇ! そんなの困る」という非難の声が上がったというニュー…

中国のことどう思いますかぁ?

ポストクロッシングのオフィシャルで、久しぶりに中国人in中国のメンバーに当たりました。その子は、外国人の中国への印象(impressionという単語が使われています)を集めているとか。どんなこと言われたいのかな? マジで、インプレッション、色々あるわよ…

ドネツク人民共和国!?

ポストクロッシングで届いたロシアからのポストカードに、このような美々しい紙が貼ってありました。消印が押されていることもあって、大きめの切手?と思いきや、バスチケットだとおっしゃる。美術館の入場券の間違いじゃないの?

ポスクロ経由で知るコロナ禍海外事情と日本のイメージ

日本では新型コロナウィルス感染者が再び増加し、大騒ぎになっています。ずっと悪者にされていた(と私が勝手にひがんでいる)東京のみならず、大都市圏では軒並み増えているし、沖縄にも拡大、とうとう、今までゼロだった岩手県民にも感染者が確認されると…

まるで年賀状のよう

ポストクロッシングで海外から届くポストカードの配達が、最近、飛び飛びです。そして、届くときはたくさん、年賀状みたいに束になってのお届け。こんな感じです。

ドイツの消印に「対コロナ」メッセージ

新型コロナウィルスの感染者が日本各地で再び急増し、気が滅入る毎日です。ポストクロッシングで届くポストカードには、「Stay safe」と書いていただくことがとても多く、世界の人が、ある意味、心が一つになっているような錯覚に陥ります。ドイツからは、こ…

存在の耐えられない軽さ

ポストクロッシングでチェコの方にポストカードを送ることになった時、私はちょうど、ミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』を読了した直後でした。 お、これは、ちょっとかっこつけるチャ~ンス! 本のタイトルは原文通りにしないと伝わらないかも…

文学とポスクロ

ベラルーシのポストクロッシングメンバーからいただいたこちらのアート作品のポストカードを見て、どのような感想を持ちますか? Illustration to the poem of Yakub Kolas "New Land" by Vasil Sharangovich

ポストカードは登録できたけど【スピンオフ】

学校の先生のアカウントから届いた、中学生からのポストカードの一件は、この前の記事に書いたとおり。 で、事情を説明してくれた先生から、教え子の住所が送られてきました。 その子も先生も、私がお礼状を出したいと申し出たことを喜んでくれたと伺い、私…

ポストカードを登録はできたけど【後半】

ポストクロッシングでいただいたハガキを登録したら、送り主と別人らしき人のアカウントだったことが分かったーーという話を昨日書きました。すると、今日、いきなり、事情が判明したんですよ。

ポストカードを登録はできたけど【前半】

ポストクロッシングでいただくハガキにはID番号がついていて、受け取りの登録をするときは、そのIDで識別するんですが、またハプニングが起こりました。

京都への入り口に京都百読、する?

前回、京都に行きたいーーと書いた。 偽らざる気持ち。何といっても、「インバウンド客がいない、すいているうちに行かなければ!」と、それはもう、焦る気持ちでめちゃくちゃ前のめりになっている感じだ。 で、京都人・入江敦彦氏の『読む京都』を読み始め…