郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

アヤソフィアの「モスク化」

イスタンブールの大人気観光地(とあえて言わせていただきます)アヤソフィアが、再び宗教施設としてのモスクに戻ることになり、先頃、金曜礼拝が行われました。その判断が下った時に、「ええ、何でぇ! そんなの困る」という非難の声が上がったというニュー…

中国のことどう思いますかぁ?

ポストクロッシングのオフィシャルで、久しぶりに中国人in中国のメンバーに当たりました。その子は、外国人の中国への印象(impressionという単語が使われています)を集めているとか。どんなこと言われたいのかな? マジで、インプレッション、色々あるわよ…

ドネツク人民共和国!?

ポストクロッシングで届いたロシアからのポストカードに、このような美々しい紙が貼ってありました。消印が押されていることもあって、大きめの切手?と思いきや、バスチケットだとおっしゃる。美術館の入場券の間違いじゃないの?

ポスクロ経由で知るコロナ禍海外事情と日本のイメージ

日本では新型コロナウィルス感染者が再び増加し、大騒ぎになっています。ずっと悪者にされていた(と私が勝手にひがんでいる)東京のみならず、大都市圏では軒並み増えているし、沖縄にも拡大、とうとう、今までゼロだった岩手県民にも感染者が確認されると…

まるで年賀状のよう

ポストクロッシングで海外から届くポストカードの配達が、最近、飛び飛びです。そして、届くときはたくさん、年賀状みたいに束になってのお届け。こんな感じです。

ドイツの消印に「対コロナ」メッセージ

新型コロナウィルスの感染者が日本各地で再び急増し、気が滅入る毎日です。ポストクロッシングで届くポストカードには、「Stay safe」と書いていただくことがとても多く、世界の人が、ある意味、心が一つになっているような錯覚に陥ります。ドイツからは、こ…

存在の耐えられない軽さ

ポストクロッシングでチェコの方にポストカードを送ることになった時、私はちょうど、ミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』を読了した直後でした。 お、これは、ちょっとかっこつけるチャ~ンス! 本のタイトルは原文通りにしないと伝わらないかも…

文学とポスクロ

ベラルーシのポストクロッシングメンバーからいただいたこちらのアート作品のポストカードを見て、どのような感想を持ちますか? Illustration to the poem of Yakub Kolas "New Land" by Vasil Sharangovich

ポストカードは登録できたけど【スピンオフ】

学校の先生のアカウントから届いた、中学生からのポストカードの一件は、この前の記事に書いたとおり。 で、事情を説明してくれた先生から、教え子の住所が送られてきました。 その子も先生も、私がお礼状を出したいと申し出たことを喜んでくれたと伺い、私…

ポストカードを登録はできたけど【後半】

ポストクロッシングでいただいたハガキを登録したら、送り主と別人らしき人のアカウントだったことが分かったーーという話を昨日書きました。すると、今日、いきなり、事情が判明したんですよ。

ポストカードを登録はできたけど【前半】

ポストクロッシングでいただくハガキにはID番号がついていて、受け取りの登録をするときは、そのIDで識別するんですが、またハプニングが起こりました。

京都への入り口に京都百読、する?

前回、京都に行きたいーーと書いた。 偽らざる気持ち。何といっても、「インバウンド客がいない、すいているうちに行かなければ!」と、それはもう、焦る気持ちでめちゃくちゃ前のめりになっている感じだ。 で、京都人・入江敦彦氏の『読む京都』を読み始め…

京都に行きたい

このブログは「郵便とリアルでトラベルライフ」。なのに、ず~~~っと郵便でのトラベルライフのことばっかり、書いてきました。で、たまにはリアルな旅のお話。 インバウンド客がいない今は、本当なら国内旅行に行きまくりたいですよね。最近、やっと、県を…

いろいろな国にポストカードを送れる喜び

新型コロナウイルスのパンデミックのせいで、日本からエアメールを送れる国が激減しておりましたが、ヨーロッパの多くの国々が一気に「解禁」! そうしたら、ポストクロッシングで、それらの国の人たちの住所がどんどんと割り振られるようになりました!

同一人物から来たとしか思えない

この二枚のポストカード、同じ日に届きました。

ヨーロッパ17カ国へのエアメール復活!

やったー!!!! 待てば海路の日和あり。明日から、さらに17カ国へエアメールを送れることになりました! ポストクロッシングで住所を受け取ったものの、エアメールの引受けを停止していた国が相次いでいたのですが、あえて船便では出さず、我が家に待機さ…

感動の消印と切手がカナダより

医療従事者への感謝の表し方はたくさんあれど、これはぐっとくるヤツですね。

超ピッキーな相手への対処法【追記しました】

ポストクロッシングでポストカードを送ることになった相手のリクエストがものすごくきつかった時、あなたならどうしますか? とりあえず、カチンとくるーーというのは、世界共通みたいですね。 最近、Hurray!のメッセージに、「我が意を得たり!」のコメント…

お手紙女子に育った姪

弟の娘のTと私は、たま~にゆる~く文通してきました。年に1、2回で、彼女が中学生になってからは、ほぼ、途絶えていました。そこへ先日、驚きの便りが届きました。 何と彼女は、母方のじいじと文通をしているというのです!

6月5日に送ったスイス行のエアメールが到着!

やっぱり、航空便の再開を待ってて、本当に良ったです。 コロナウイルスまん延により、かなりの数の国(先進国も含む)が、日本からのエアメールを引き取らない措置を講じ、私のポストクロッシング活動にも多大な影響を及ぼしておりました。それらの国でも大…

ピンクのブタちゃんの切手

左のにこにこしたブタちゃん、れっきとした切手です!

欲しいのは「ピンクの鳥が青い屋根にとまっている3Dのカードだけ」

くー、ジョークが分かんなかった、という情けない話をシェアします。 北欧のある男子にポストカードを送ることになりました。彼のプロフィールに 「ピンクの鳥(複数)が青い屋根にとまっている3Dのカード」の指定。ウソでしょ!と思いきや、それはジョーダ…

祝! スイス宛エアメール引受け再開‼

新型コロナウイルスのパンデミックで世界中の郵便システムが大きく混乱し、私のポストクロッシング活動にも影響が出ておりましたが、本日から、スイスへのエアメールが再開したので、出さずにいたポストカードを先ほど投函してきました!

”国際郵便引受け停止”下でのポスクロ活動

日本からエアメールを送れない国が150カ国以上にのぼる「異常事態」の中、絶賛ステイホーム中の私は、粛々とポストクロッシング活動にいそしんでおりました。世界にはたくさん国があるというのに、私にとっての「世界」は、ドイツ、アメリカ、フィンランドな…

独創的なエアメール

アメリカから、非常に不思議な感触のポストカードが届きました。持ち上げると、中央部分がこんもりと盛り上がっていて、普通の紙一枚のカードより明らかに重たいんです。こんな感じで、別の紙を、縦5センチ×横4センチほどに小さくたたんでテープで止めた状態…

ポスクロ、やめようかーーと思った時に、贈り物が届いて踏みとどまる

ある吉日のこと、我が家のポストに思いがけないものが届いておりました。

Cyber Meetupの参加者にポストカードを送る

ポストクロッシングは、時として粋なことをしてくれます。ExpiredになったカードやHurray!されたカードが合計5枚あったので、一気に住所をリクエストしてみました。すると、その中の1枚がフィンランドのメンバーで、過日私も参加したInternational Cyber Mee…

Cyber Meetup カード

先ごろネット上で行われたポストクロッシングのmeetupのポストカードが送られてきました。私も参加した、英語で行われたInternationalなオフ会です。

ドイツから4日で届くとは!

ポスクロマンデー(きのうのこと)はいいねえ、コロナ禍でもポストカードがいっぱい届いて。どこから来たって? はい、ドイツと台湾から3枚ずつ、あとはイタリアが1枚。 驚いたのが、ドイツからのポストカードがすべて4日で届いていたことです。

EXPIRED, EXPIRED, more EXPIRED 【追記あり】

朝起きたら、ポストクロッシングで送っていたハガキ、5通も期限切れになっていました(落涙)。新型コロナウイルスの影響で国際郵便物の引き受け停止が始まる前に投函していたはずなのに! 行き先は