読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

ヨーロッパあちこち記(2011) ZRH FREITAG本店

【2011年12月1日】

案内役のスザンヌが私を連れて行きたいと言ってくれたのが、リサイクル素材のバッグで知られるFREITAG。チューリッヒ駅から電車で行きました。

f:id:travelsuomi:20111201202819j:plain

この駅で降りたら、FREITAGまで徒歩で数分。コンテナを積み上げた独特の建物です。これは、電車からも見えます。

f:id:travelsuomi:20111201195958j:plain

f:id:travelsuomi:20111201200051j:plain

f:id:travelsuomi:20111201200224j:plain

これが入り口です。

f:id:travelsuomi:20111201202427j:plain

お店の中で隠し撮り(すいません)。

f:id:travelsuomi:20111201202209j:plain

すべて1点ものなので、大切に、一つ一つ箱に入れて展示販売されているんですね。

f:id:travelsuomi:20111201200831j:plain

階段に大きなサイズのトートが置いてあり、どれもこれも本当にステキで参りやした~。

f:id:travelsuomi:20111201200914j:plain

階段を上がって屋上まで行く途中、こんなかわいいイラスト。困ったらこの電話でスタッフを呼べばいいんだ~。

f:id:travelsuomi:20111201201735j:plain

はい、屋上に出ました。スザンヌいわく、12月にしては珍しく温かな一日で、彼女も幸せだと言っておりました。目の前を電車が通ります。

f:id:travelsuomi:20111201201755j:plain

見下ろしたときに、真下に見えた風景。

f:id:travelsuomi:20111201201900j:plain

このあたりは工業地帯だったそうで、再開発されて少しずつおしゃれなエリアに変貌しているところだとか。FREITAGのお陰もあるのかな。

この時、「あ~、夜になったらヘルシンキに飛んで、明日はいよいよプレゼンだよ」と、少しずつブルーになっていたのです。

f:id:travelsuomi:20111201201914j:plain

ちょうど1年前の今日(2011年12月2日)、私はヘルシンキにおりました。でも、チューリッヒ滞在がとても充実していたので、そのことをどんどん書いてしまおうと思います。もう1回分、残っています。

つづく