郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

全州への道は山あり谷あり (追記あり)

韓国の食の都との評判を欲しいままにしている全州。7月の韓国旅行では「行くつもり満々」だったものの、色々あって叶わず、全州行は宿題になっておりました。8月に韓国に出直すことにしたときに、外国人専用無料シャトルバスにネットで応募。私のメルアド2つと、夫のメルアドの計3つからトライしたのですが、こともあろうか”全敗”でした。ものすごい人気なんですかね? 

でも、結果オーライでした。日本の大学院に留学しているチェ君に

「全州に行きたいんだよね」

と飲みながら話していたら、

「いつですか? 一時帰国する予定があるので、全州に一緒に行きませんか?」

と、思いがけない提案ががあったんです。

無料シャトルバスは金・土・日曜日のみなのですが、チェ君の都合で急きょ月曜日に現地集合になったため、結局、無料バスは使えなかったわけで、はずれたことはもう忘れましょう。

ただ、彼との待ち合わせに遅れないようにするには、ちゃんとバスに乗れないといけないーーということで、私と夫は前日、シミュレーションしました。

練習しといてよかったです。ソウルから高速バスで地方都市へ行くという芸当は、何しろ初体験です。しかも言語不自由ときています。ハングルだって、なんとかゆっくりなら読めるような、読めないようなというレベルですからね。

地下鉄の高速バスターミナル駅で降りても、どこにターミナルがあるのか、すぐには分かりません! 最初たどりついた場所は、私たちが乗りたい全州行が出る場所ではありませんでした。

あせりまくってネットで調べ、Honam Lineを目指していけばいいことが分った段階で、どっと疲れが出ました。案内にこの言葉を見つけたときは、「ヨッシャー!」ですよ。

ターミナルのインフォメーションのお姉さんは、かろうじて英語ができたので、聞きたいことは確認でき、全州には20分間隔くらいで出ていることも時刻表でチェックできたので、地下鉄のホームまで逆ルートをたどりって、確認、確認、また確認しました。

追記

時刻表はこんな感じ。壁に貼ってあります。

f:id:travelsuomi:20130824133501j:plain

f:id:travelsuomi:20130826074809j:plain

全州という漢字を見つけるのは骨です。英語表記を覚えておくといいかも。

f:id:travelsuomi:20130826074820j:plain

そして、当日。私たちは首尾よく、乗りたかった8時発のバスチケットを購入できました! 一言も韓国語をしゃべることなく(笑)。

f:id:travelsuomi:20130826075539j:plain

チェ君とは11時ごろの待ち合わせにしたので、8時のバスに乗れば、片道3時間未満ですから、OKでしょう。

 

高級バージョンのバスのシートは、一列に3席ですから、かなりゆったりです。

f:id:travelsuomi:20130826081238j:plain

朝食用にターミナルで買った海苔巻を、乗車直後に食べました。

f:id:travelsuomi:20130826075348j:plain

そして、あとは爆睡。途中でトイレ休憩に寄った場所で、おトイレにも行ってみました。

f:id:travelsuomi:20130826093202j:plain

ちなみに、私たちが乗ったバスは右側の車両です。

f:id:travelsuomi:20130826091856j:plain

自販機コーナーも充実していました。私はここでコーヒーを飲んでみました。

f:id:travelsuomi:20130826093126j:plain

この自販機を背にすると、ちょっと不思議な光景が目に飛び込んできます。

f:id:travelsuomi:20130826092040j:plain

コロコロしたものは、一体何じゃ?

リスとどんぐり、そして男の子でした。

f:id:travelsuomi:20130826092100j:plain

半端じゃない大きさで、子供が見たら怖いんじゃないかな? 韓国人の感覚、面白いです。

トイレ休憩から戻ったら、あとは一路、全州に向けてバスは順調に進みました。

つづく。

 

 

/*********フォローボタン**********/ .follow-btn{ width: 100%; margin: 5px 0px 5px 0px; } .follow-btn ul { list-style: none; display: -webkit-flex; display: flex; margin: 0; padding: 0; } .follow-btn li { height:100px; width: 100%; -webkit-transition: width 0.3s ease-out; transition: width 0.3s ease-out; display: -webkit-flex; display: flex; -webkit-align-items: center; align-items: center; -webkit-justify-content: center; justify-content: center; } .follow-btn li:hover { width: 200%; } .follow-btn li span{ line-height:2.5; font-size:180%; font-weight: normal; font-style: normal; font-weight: normal; -webkit-font-smoothing: antialiased; -moz-osx-font-smoothing: grayscale; } .btn1{ background: #5F5E5E;/*読者ボタンの背景色*/ } .btn2{ background: #6FB6C3;/*Twitterの背景色*/ } .btn3 { background: #82C36F;/*Feedlyの背景色*/ } .btn4 { background: #6998b9;/*Facebookの背景色*/ } .btn1-icon:before{ content: "\f000";/*はてなアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn2-icon:before{ content: "\f035";/*Twitterアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn3-icon:before{ content: "\f04e";/*Feedlyアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn4-icon:before{ content: "\f036";/*Facebookアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .follow-btn a { width:100%; height:100%; font-size: 13px; line-height: 1; font-weight: normal; text-decoration: none; text-align: center; color: #fff; -webkit-transition: all 0.3s ease-out; transition: all 0.3s ease-out; }