読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

ドイツ人から勧められた本

postcrossing culture

ストクロッシングで届いたドイツからのポストカードに、ある本が紹介されていました。

「Address Unknown」

 f:id:travelsuomi:20170302183719j:plain

続きを読む

日本を、取り戻せ

travel

かつて、某政治家がテレビコマーシャルで連呼されていました。

日本を、取り戻す。

この言葉をちょっと変えて、函館山の頂上で、心の中で絶叫しておりました。

日本を、日本人に取り戻せ‼

続きを読む

バルセロナの美しいポストカード

culture design postcrossing travel

ストクロッシングで日々届くポストカードがたまってくると、時々、処分しないとなりません。画像では残してあるので、この際実物とは潔く決別! そこで、過去にいただいたカードの束をほじくり返していて、「お宝」を発掘しました。美しすぎる切手です。

f:id:travelsuomi:20170213203946j:plain

続きを読む

ポスクロで送ったカードに「お気に入り」が連打された件

postcrossing

ストクロッシングで自分が送ったカードはできるだけ事前にアップロードしておきます。個人的な備忘録のためでもあり、相手の手元に届き、登録作業をしてくれれば、その瞬間にカードの画像も公けになるので、私のポスクロ活動の記録にもなります。そして、私が送ったカード(または私が受け取ったカード)に誰かがFavoriteをつけてくれると、そのお知らせのメールが届くように設定することも可能なので、私はそうしています。

今朝、そんなメールが届いて、読んでみてたまげました。ロシアのユーザーが、私の送ったカードに山のようにFavorite をつけてくれていたのです。その数、60……。ジャンルは問わず、しかも、送った時期もまちまちです。

想像するに、私の住所を引き当てて、私がどんなカードを送ってきたのかチェックし、「お、趣味が合うかも」

なんて思って、さかのぼってぜ~~んぶ見てくれたんじゃないでしょうかね。

その人から本当にカードが届くのか、今後、ロシアからのカードが届くたびにユーザー名をチェックしようと思います。

 

 

 

リトアニア・ラトヴィアへの旅行は保険加入を!

Baltic states travel postcrossing

ストクロッシングを通じて知り合ったリトアニア人の友達夫婦が、一週間東京に来ておりました。数日間、(必死で)おもてなしをしたことについては後日、書こうと思います。本日は、そのおもてなしを手伝ってくれた若き友人Sの、海外旅行保険の悩みについてです。

続きを読む