郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

「パスポートをいつ更新するのか」問題

私のパスポートが3月に切れます。海外旅行にいつでも行かれるよう、そろそろ更新しないといけないのですが、実に悩ましいことが起きています。

そう、日本のパスポートの中のデザインが変わるんです!

f:id:travelsuomi:20190117212538j:plain

外務省のHPより拝借
続きを読む

Winnie-the-Pooh

 『クマのプーさん』読み終わりました。かわいかった~♬

Winnie-the-Pooh (Winnie-the-Pooh - Classic Editions) (English Edition)

Winnie-the-Pooh (Winnie-the-Pooh - Classic Editions) (English Edition)

 

 

 昨年末、韓国からの帰国便内で、半分あたりまで見た映画『プーと大人になった僕』で、プーの動きや発言があまりにもかわいくて、愛しくて、大人になる前のクリストファー・ロビンの物語を読まなくちゃ!という気分になっていました。

ディズニー映画で有名になる前は、男の子とぬいぐるみをめぐるファンタジー文学作品として人気だったはずなのに、いつの間にか、「クマのプーさん」というキャラクターになってしまった感じがします。プーさんのことを知っている人はたくさんいても、本家本元の本を読んでいない私のような人はたくさんいるでしょう。

お父さんが、息子クリストファー・ロビンのために書いたことは知っていました。しあし、まさかここまで愛情あふれる作品だったとは! 実際には、作品が有名になってから、父と息子の間に葛藤みたいなものもあったようです。でも、私たちは文学作品として純粋に楽しめばいいのです。いい大人になってから初めて読んだこの私、この作品、強く推します!

Winnieとは?

 私はある時から、クマのプーさんに対して、やや特別な感情を持っていました。それには、ポストクロッシングが深く関わっております。

プーさんの”本名”がWinnie-the-Poohであることは知っていながら、Winnieが何なのか、考えたことすらありませんでした。名前の一部でしょ、みたいな無関心な態度。

それについて、かなり衝撃的な情報が、カナダからのポストカードで届けられたのです!

ウィニペグ在住のメンバーが

ウィニペグのこと何か知ってる? ここは、クマのプーさんの名前に由来しているんだよ」

という簡単な”事実”を教えてくれました。

調べてみると、

  • 第一次世界大戦中、カナダで捕まっていた子熊を軍人が購入
  • その子熊は部隊のマスコットになり、購入した人物の第二の故郷ウィニペグから、Winnieと名付けられた
  • その後Winnieはロンドンの動物園に寄贈された
  • クリストファー・ロビンは、行きつけの動物園で大好きだったクマの名前を、自分のテディベアにつけた
  • Winnieは実はメスだった

などなど、面白いトリビアが見つかりました。

へ~、カナダ・オンタリオ州ウィニペグから来た名前だったのねーーとその時はこれらの情報で満足しておりました。

さらなる驚きのトリビア

今回あらためてネットで情報を集めてみたら、かつて、ロンドンの当該動物園では子供たちが檻に入って動物にエサを与えることが許されていたということも分かりました。

!!!!

この情報、めっちゃデジャブ! 

そうなんです、私が読み終わったばかりの本の「はじめに」で、作者(=クリストファー・ロビンのパパ)が、こんな風に書いていたんです!

So, when Christopher Robin goes to the Zoo, he goes to where the Polar Bears are, and he whipers something to the third keeper from the left, and doors are unlocked, and we wander through dark passages and up steep stairs, until at last we come to the special cage, and the cage is opened, and out trots something brown and furry, and with a happy cry of 'Oh, Bear!' Christopher Robin rushes into its arms. Now this bear's name is Winnie, (後略)

クマのウィニーに抱きついていたクリストファー・ロビン! 今なら絶対にありえない「うそでしょ!」な事実です。

日本語のウィキペディアのページには、たっちしている赤ちゃん時代のウィニーにミルク(?)をあげている軍人の写真が掲載されています。さらに、こちらのサイトでは、なんと、大きくなったウィニークリストファー・ロビンのツーショット写真を見られます。合成じゃあないですよね?

 さっき、アメリカ人あてに書いたポストカードに、『Winnie-the-Pooh』を読み終わったことを書き、「映画に触発されて」と言いたくて原題を調べたら、『Christopher Robin』であることが判明しました。時間切れで全部見られなかったので、この映画、いずれ、通して楽しみたいと思っています。だって、クリストファー・ロビンにとって、ものすごく大切なウィニーとの物語なんだもの。

人気のGreetings from...series

f:id:travelsuomi:20190114114616j:plain

GFの日本版 転用されないよう私のユーザー名入れておきます。

ストクロッシングで人気のコレクションアイテム、Greetings from...seriesの日本版に「あれ?」な表現、見つけちゃった。みなさん、すでにお気づきかしら?

有名人のコーナーに4人の日本人のお名前がありますね。欧米風にファーストネーム・ファミリーネームの順番になっています(HIROHITO様は例外、いや、論外! 呼び捨てはまずいでしょ。宮内庁のHPにならって、Emperor Showaと書いていただきたいです!)。しかし、我らがハルキ・ムラカミだけは、なぜか村上春樹になっている(言っていること、分かりますよね?)。

細かいことが気になってしまう、右京さんのような私。←テレビ番組『相棒』を見てないと分からないですねぇ。

このGFシリーズ、ポスクロやっている人以外で、購入する人いるのかしら、ってくらい、ポスクロ仕様です。メンバーが何人いるかも分かるデザインだし、コレクター魂に訴えかけるようによく出来ていると感心します。この「戦略」に引っかかっちゃってる人、世界中にた~くさんいますよね。

「Sent from origin」

という条件で集めている人、たくさん見ます。色々な国の切手も集まってくるし、旅心がそそられるというものです。

ただ、このシリーズには、エクアドルアルバニア、コロンビア、モンテネグロなどの「レア」な場所のカードもあります。その土地から送ってもらうことそのものがが非常に難しいと思われるので、「Sent from origin」でコンプリートするのは大変だろうなあ。

GFのカード、私も機会があれば送ってもらうようにお願いしていて、30枚以上集まりました。ある時など、留学生の友人が帰国するときに依頼して、その人の母国から送ってもらうように手配してくれた人もいました。それが、送り主さんのこだわりだったみたい。私はどこから発送されようと、特段、気にしないですけどね。

 

西洋風の名前を使う「アジア」の友よ

かつてご縁のあったオランダ人のポストクロッシング・メンバーが、ご自身のプロフィールでこう語りかけております。

 アジアのポストクロッシングの友人に特別のメッセージがあります。

続きを読む

ハルキストの君より

私がかつてポストクロッシングのオフィシャルでポストカードを送ったことがきっかけとなり、「本友達」になっているオランダのB 君から、すてきな「季節のごあいさつ」カードが送られてきました。

f:id:travelsuomi:20190110182655j:plain

続きを読む