読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

フィンランドからサプライズ!

ストクロッシングっていいな~としみじみ思う出来事がありました。

今日、たくさん受け取ったポストカードの中に、

「こりゃなんだ」

という1枚が紛れ込んでいました。かわいいネコちゃんのカードなのですが、素性が「?」だったんです。

f:id:travelsuomi:20131018152814j:plain

調べたらこういうことでした。

何人かで一つのグループを組み、お互いにカードを送りあうお楽しみの仕組みがあるのですが、その中の一つ「仲間のポストクロッサーを驚かそう」という趣旨のグループからでした。

4人1チームで、自分の代わりにポストカードを送ってほしい相手を3人ピックアップし、それをリーダーに送ります。そして、自分以外のメンバーが指定してきた人たちに、喜びそうなカードを送って「サプライズ~」のプレゼントをするというものです。A(=私)、B、C、Dのグループで、私は、このグループの人たち以外のポスクロ友だちの住所3人分を(ある意味、無断でw)リーダーにつたえます。B、C、Dさんは、私が指定した人にカードを送ります。そして、私はB、C、Dさんが選んだ人(たいていは知らない人になると思います)にカードを送るわけです。

(この説明で分かりましたか?)

奇特にも私にカードを送ってあげたいと思ってくれたのは、アメリカのRさん。彼女からのリクエストでカードを送ってくれたのが、フィンランドのDさんです。

フィンランドと言えば、日本以外の外国では、Angry Birds ですね。ということで、それの切手です。そして、私が好きなフクロウのシールまで、貼っていただきました。

f:id:travelsuomi:20131018152822j:plain

このグループの説明を読んでいて、はっとしました。参加者は、自分にはカードを送ってもらえないんです。自分の知り合いを、他人を使って喜ばせるという、「与える愛」ーーすごくよくないですか?

Rさんと私は、数回、やりとりをしたことがありますが、特別に仲良しという感じでもないんです。でも、彼女がこのグループに参加するに当たり、カードを送ってもらう相手の中に私を選んでくれたことが非常にうれしく、不思議で、感激しました。

Rさんは、私のフィンランド好きについて、知らないはずですから、本当に偶然、大好きなフィンランドの方から送っていただくことになったわけですね。

私も、このプチ親切、やってみたくなりました。

ね、ポスクロって素敵でしょ?