読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

「百塔の町」プラハに行きます

f:id:travelsuomi:20151102180735j:plain

うじうじうじうじ考えていたけれど、チェコに行くことを決めました。決めたらスッキリ!

じっくりと旅するために、できれば二週間。師走の忙しい時期に突入する前に帰国できる日程でハンガリーチェコとで悩みに悩み、結局チェコを選びました。シリアからの難民がハンガリーに押し寄せているというニュースに尻込みした面もあるけれど、それ以上に、きらびやかなプラハーー華やかなヨーロッパ文化の「本丸」ーーに「今」行きたいという気持ちが勝ったのです。

出発まで一か月を切り、さすがにお尻に火がつき、エアラインと宿の予約を週末に片づけました。プラハにべったりと滞在です。

 

 チェコからいただいたポストカードと切手が秀逸

行先が決まったら、そこから来たポストカードをチェック。意外にも、プラハの風景絵はがきは手元にありません。むしろ、チェコからの郵便物と言えば、まず頭に浮かんだのがミュシャのビューティフルな切手のことです。これはスゴイですよ。5.4×4.3センチでかなり大きい上に、いかにもミュシャらしい女性の横顔のカラフルな切手です。

f:id:travelsuomi:20151102103914j:plain

切手としてキチンと役目を果たしたものなので、当然ですが消印がクッキリ押されています。1枚として完全なものがないので、手元にある3つを並べてみました。

大人にとっては、”チェコ=ムハ(ミュシャ)”なのでしょうが、Krtek(クルテク)というかわいいモグラのキャラクターもおります。ポスクロ(ポストクロッシング)で、カードを2枚いただいていました。

f:id:travelsuomi:20151102103942j:plain

雪だるまのカードには、クルテクの切手も貼っていただいています。 なぜか画像が大きいぞ。

f:id:travelsuomi:20151102103952j:plain

チェコの絵本は日本でも人気だそうで(私はまったく興味ない)、旅行された方のブログや書籍に記述がたくさんありますね。そのおかげで、Joseff Ladaという作家のことを知りました。しかもですね、チェコから届いたポストカードの中に、1枚、ありました。

f:id:travelsuomi:20151102104028j:plain

書いてあるチェコ語の意味は、Google 翻訳によると「チェコのクリスマス」だそうです。このカードが届いたのは昨年末。だからか~~。送り主さんのメッセージを改めて読むと、「I am sending you a postcard from our famous childen (book) painter of the last century」と書いてあるじゃないですか! 今頃気づくなんて! 一人静かに赤面(なう)。

情報収集は盛り上がるね~

週末は宿の決定を最優先し、11泊を4+4+3の三カ所に分散することで落ち着きました。決まったらすっごく安心したわ。

そこで、いよいよ「あっちで何するか」について、情報収集を少しずつ始めました。まずうれしかったのが、ミュシャ(現地風にはムハですね)の『スラブ叙事詩』がヴェレトゥルジェニー宮殿(ナショナルギャラリー)で見られそうなこと。全作品をさきほどこちらのサイトで拝見しました。

www.muchafoundation.org

この大作は2017年に東京で展示されることが決まったようですが、やはり現地で見たい! 

最新情報はネットですが、私は本や雑誌も重視する派です。去年ポーランドに行ったときに買った『地球の歩き方 チェコ ポーランド スロヴァキア』が手元にあるのでざっと目を通し、東欧雑貨のお店CHARKHAさんの買いつけ旅の本の再読を皮切りに、図書館から手当たり次第本を借りました。以下はそのリスト。あと何冊か、予約してあります。

 

チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記

チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記

 

 

 

チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記2

チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記2

 

 

 

アジ紙―東欧を旅する雑貨店チャルカの、好きで好きで仕方のない紙のはなし

アジ紙―東欧を旅する雑貨店チャルカの、好きで好きで仕方のない紙のはなし

 

 

 

 

 

プラハを歩く (岩波新書)

プラハを歩く (岩波新書)

 

 

 

プラハ迷宮の散歩道 (BOOKS)

プラハ迷宮の散歩道 (BOOKS)

 

 

 

チェコA to Z

チェコA to Z

 

 

 『よりみちチェコ』には、クルテクの生みの親、ズデニェク・ミレル氏のインタビューが載っていて、面白かったです。モグラのキャラクターが生まれたのは、ディズニーがまだキャラクター化していない動物だったからなんですって! 当時、アニメーションの仕事をしていたミレル氏は、キャラクターにどんな動物がいいか考え続けていました。あるとき、近くの森に出かけ、野原に出ると何かにつまづき、それがモグラの塚だったことから「モグラだ!」とひらめいたそうです。何とも素朴で優しい誕生秘話ですね。 

 

よりみちチェコ (P-Vine BOOks)

よりみちチェコ (P-Vine BOOks)

 

 

物語チェコの歴史―森と高原と古城の国 (中公新書)

物語チェコの歴史―森と高原と古城の国 (中公新書)

 

 

 

旅名人ブックス45 プラハ・チェコ(第4版)

旅名人ブックス45 プラハ・チェコ(第4版)

 

 

 

15 地球の歩き方 aruco チェコ (地球の歩き方aruco)

15 地球の歩き方 aruco チェコ (地球の歩き方aruco)

 

 

 

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)

 

 

そして、家のどこかにあるこの本を捜索して、また読みたいと思っているところです。

 

園芸家12カ月 (中公文庫 C 15)

園芸家12カ月 (中公文庫 C 15)