読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

リトアニアレポート 【ヴィリニュスの町中と市場】

travel Baltic states

私は時差ボケにけっこう悩まされるタイプでして、特に仕事がらみだったりすると、何かと心配で熟睡できません。案の定、リトアニアの最初の夜も寝つけず、朝も早くから目が覚めてしまいました。

そこで、ホテルの近くを一人でお散歩。

f:id:travelsuomi:20130526132547j:plain

 前の晩、雨がしとしと降ってすごく寒かったのがウソのよう。朝も早くからピカピカの晴天で、紫外線が降り注いでくるのが分かるくらい日焼けしました。

f:id:travelsuomi:20130526132935j:plain

 早朝だったからかもしれないのですが、人通りが少ないと、実はかなり寂しい感じです。バスなども相当年季が入っていて、「旧ソ連な感じだ~」と思いました。

f:id:travelsuomi:20130526133102j:plain

 政治体制がどうであろうと、猫はどこにでもいます。

f:id:travelsuomi:20130526132812j:plain

 迷いながら歩いていると、ただ一つ、立派な建物が目に入りました。一見して、駅か役所ーーな感じですが、探検しに入ってみたら、そこは市場でした。

 f:id:travelsuomi:20130526133748j:plain

入口のすぐわきで商売していた八百屋さんの店先には、旬を迎えたスズラン♪ 

「これって毒があるんだよね~」

と、過去に知人に言われたことがよみがえってきました。リトアニアの土地に咲いたスズランだって、毒はあるのよね? でも、キュウリの真横で売ってるし。

f:id:travelsuomi:20130526133317j:plain

中はハッキリ言って、すごく殺伐としています。

f:id:travelsuomi:20130526133340j:plain

 

我が愛するライ麦パンが、巨大サイズでゴロゴロと売られていました。

これが旅の最後だったら、3つ4つ買ってくるところですが、何といって旅の始まり。断腸の思いでここを後にしたのです。今、思い出しても、残念でなりません。

フィンランドもそうですが、今回旅したリトアニアやラトビアも、ライ麦パン文化圏でして、私の好みにストライク!!!でした。

f:id:travelsuomi:20130526133442j:plain

 とは言いつつ、白いパンも売っていますよ。

f:id:travelsuomi:20130526133448j:plain

 それにしても閑散としすぎていやしませんか? ソーセージも、普通に常温で販売してました。

f:id:travelsuomi:20130526133535j:plain

 乳製品は、一応、冷蔵庫に。

f:id:travelsuomi:20130526133646j:plain

 チーズ類も素朴なパッケージで、何だか、おいしそうなんですよね~。

f:id:travelsuomi:20130526133654j:plain

集合時間に間に合うようにホテルに戻らなくてはならないので、慌てて外に出て、カンを頼りに歩いていたら、救急車のたまり場に遭遇しました。

f:id:travelsuomi:20130526133839j:plain

アジア人が珍しいようで、どこでもジロジロ見られました。確かに、朝、見慣れないアジア人の女が一人でうろついていれば、そりゃあ、怪しまれますよね。正真正銘の不審人物ーーだと思ったんだろうなあ。すごくアウェーな気分でした。

次回は、もう少し「観光地」らしい場所をレポートする予定です。