読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

最近の国内旅行の楽しみ

長いことこちらのブログの更新をさぼっておりましたが、復活します(続ける努力をしてみる予定)。更新しなかった理由は多々ありますが、日々の生活が非常に忙しくなってしまったことが最大要因です。平穏な日々が戻り、旅やお手紙がらみで楽しいことが続いているので、記録に残そうと思います。

 今更(!)という感じではございますが、ポストクロッシング(詳しくはリンクを御覧ください)を始めてから、私は風景印やらご当地フォルムカードやらに手を出すことになりました。存在のみ知っていたのですが、関心は皆無。それが、海外のユーザーから「風景印でお願いします」と頼まれ、最初は「めんどくさいなあ」と思いつつも、近所の郵便局にもらいにいってみたのです。すると、局員さんはご親切にいろいろと話をしてくれるは、デザインも面白いはで、「お、これはいいかもね」と、”関心あり”の方向にベクトルが向きました。そして、もちろん先方には大層喜ばれるわけです。今では、お礼のカードをその都度いただいたりする間柄となり、機会があるごとに、風景印だよりを出すようになりました。

土地の個性が感じられるデザインが施された特別な消印は、もらうと確かにうれしいものです。そして、親や友達に風景印で送ると、反響がまたスバラシイ!

たとえば、我が家にはこんなのがありました。

 f:id:travelsuomi:20160501211623j:plain

f:id:travelsuomi:20160501202746j:plain

f:id:travelsuomi:20160501202704j:plain

 

そこへ、偶然にも、ご近所でポスクロをやっている友だちができ、彼女から「ご当地フォルムカード+風景印」というお便りをいただくようになったわけです。

たとえば、この風景印は、

f:id:travelsuomi:20160501202727j:plain

こちらのフォルムカードに押印されて届きました。

f:id:travelsuomi:20160501202737j:plain

ご存知の方も多いと思いますが、県ごとに発行されている「ご当地」ですから、基本的にその県の郵便局に行かなければ買えません。そして、郵便局の営業時間内に出向く必要があるわけですね。そのあたりのハードルが、旅心をくすぐる部分です。

今まで、国内の旅は、「温泉に入っておいしいモンでも食べられればそれでいいやー」的な、超テキトーな態度だったのですが、風景印やご当地フォルムカードを入手するという目的が急きょ、加わりました。いや、今じゃむしろ、そっちがメイン、か。気になり始めると、楽しいものです。

ご当地フォルムカードについては、明日にでも書きます。

旅とお手紙がお好きな皆さま、今後もどうぞよろしくお願いします!