郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

スオメンリンナ、最高!

ヘルシンキへの観光客なら、かなりの確率で訪れるはずのスオメンリンナ。星形の海防要塞で、見た目は函館の五稜郭に少し似ています。過去の旅行では日にちがたりず(1週間とかヘルシンキ滞在したにもかかわらず!)、今回、ようやく行かれました。しかも、帰国する前日の夕方でしたから、ほとんど滑り込みセーフ。行ってよかった~と心の底から思いました。期待以上に素晴らしい場所でした。

ヘルシンキの港から市営の船で10分くらいかな?往路で乗ったのはこの船です。住人もいる世界遺産の島なので、乗用車を1台積み込んで、出発進行です。

f:id:travelsuomi:20120607213809j:plain

正確には覚えていませんが、写真を撮ったりおしゃべりしたりしながら、あっという間についてしまいます。下船して、いきなりかわいい建物に出迎えられて、「あぁ、来てよかった~」と思うはずです。こんな感じ。

f:id:travelsuomi:20120607220948j:plain

日差しが強いのが分かりますか?私たちは旅行中、最初こそ雨に降られましたが、全般的にお天気に恵まれ、不思議なことに、夕方に向かうにつれてどんどんと晴れてきたのです。これで夕方の4時ちょっと過ぎ。まだまだ日は落ちませんよ~。

しかし、のんびりしている暇は私たちにはありません!5時に出港する超大型客船のシリヤラインを目の前で見るために、島の先端まで大急ぎで行かなければならないのです。

ちょうど花がきれいな季節だし、建物の色がかわいいしで、同行者たちはついつい写真を撮るのに忙しくなってしまい、私は気が気ではありませんでした。なぜか、赤毛のアンの物語の舞台になったカナダのプリンス・エドワード島を連想してしまいました。

f:id:travelsuomi:20120607222111j:plain

先を急ぎましょう。お待ちかねのシリヤラインが過ぎてしまっては、この時間にスオメンリンナに来た意味がない!と、一人であせっておりました。でも、間に合ったんですよ!

「来た!」

シリヤラインの姿がちらっと見えた途端、私たちは思わず口にした一言。で、でかい……。

f:id:travelsuomi:20120607231106j:plain

ダンダンダンダン、ダンダン

「え、こんな所を本当に通るわけ?」と思うような狭い水路に、無理やり突っ込んでくるシリヤライン。一晩かけて、ストックホルムに向かいます。あっという間に目の前を通過ーー。

f:id:travelsuomi:20120607231352j:plain

約58,000トン、全長203メートルの巨大な船体が通った後、小さな津波現象が起きました。それも面白かった。ちょっと前まで、母が野生のカモたちとたわむれて、のんびりした時間を過ごしていたのが、まるで嘘のよう。

f:id:travelsuomi:20120607230527j:plain

同じ海なのに、客船の織り成すショーは華麗かつパワフルで、ひたすら興奮してみていました。時間にしたら3,4分?デッキの人たちに手を振りながら、「今度はあちら側から手を振ろう」と、誰ともなく口にしていました。来年にも実現できたらうれしいです。

スオメンリンナ自体、1泊してもいいくらい私は気に入りました。ちょうど、気候もよく、のんびりするには最高です。どこを見ても絵になる、フォトジェニックな島、お勧めです。

f:id:travelsuomi:20120607223040j:plain

 

広告を非表示にする
/*********フォローボタン**********/ .follow-btn{ width: 100%; margin: 5px 0px 5px 0px; } .follow-btn ul { list-style: none; display: -webkit-flex; display: flex; margin: 0; padding: 0; } .follow-btn li { height:100px; width: 100%; -webkit-transition: width 0.3s ease-out; transition: width 0.3s ease-out; display: -webkit-flex; display: flex; -webkit-align-items: center; align-items: center; -webkit-justify-content: center; justify-content: center; } .follow-btn li:hover { width: 200%; } .follow-btn li span{ line-height:2.5; font-size:180%; font-weight: normal; font-style: normal; font-weight: normal; -webkit-font-smoothing: antialiased; -moz-osx-font-smoothing: grayscale; } .btn1{ background: #5F5E5E;/*読者ボタンの背景色*/ } .btn2{ background: #6FB6C3;/*Twitterの背景色*/ } .btn3 { background: #82C36F;/*Feedlyの背景色*/ } .btn4 { background: #6998b9;/*Facebookの背景色*/ } .btn1-icon:before{ content: "\f000";/*はてなアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn2-icon:before{ content: "\f035";/*Twitterアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn3-icon:before{ content: "\f04e";/*Feedlyアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .btn4-icon:before{ content: "\f036";/*Facebookアイコン*/ display: inline-block; font-family: blogicon; } .follow-btn a { width:100%; height:100%; font-size: 13px; line-height: 1; font-weight: normal; text-decoration: none; text-align: center; color: #fff; -webkit-transition: all 0.3s ease-out; transition: all 0.3s ease-out; }