読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便とリアルでトラベルライフ

旅が大好き! Postcrossingを始めてからハガキで世界旅行。楽しいよ♫

魯山人の言葉に導かれての街めぐり

このGWは遠出せず、都内を歩く! 四月早々に、わが夫が高らかに宣言した言葉です。この言葉に偽りなし。日々、都内のあちこちをガシガシと歩き回る日々です。徒歩で「遠征」すると確実に1万歩越えで、優雅さとは無縁のGWですが、今日は、やや文化の香り…

ライオンの雄姿にフィンランドのデザイン切手

ポスクロで知り合ったフィンランドの女の子のペンパルMから、唐突に送られてきたライオンの雄姿。ストックホルムまでクルーズで行き、FotografiskaでNick Brandtの展示を見てきたといいます。

不思議の国のアリス×草間彌生

草間彌生グッズを購入しようと向かった松本市美術館ですが、ポストカードやグッズのラインナップが何となくピント来なくて、 「今日は手ぶらで帰るのか」 と思い始めていたとき、ダメ元で本のコーナーへ行き、こんな素敵な本を発見しました。 な、な、なんと…

楽しかった松本(彌生ちゃん編)

蔵が並んでいる中町通りでのショッピングを終え、最寄りの龍興寺バス停で循環バスを待っていると、来ました、ヤヨイバス(私が勝手に命名)。 うちの両親たら、大コーフンです。は~い、これから乗車しますよん。 で、車内もすごいことになっておりました。…

そうだよ、仕組みが大事なんだーーという話

昨日の日経新聞朝刊に、JR国立駅の桜並木を守っている会の代表が紹介されていました。地元の小学生と一緒に、活動されている由。 関東以外の版には出ていないかもしれないし、そもそも日経をお読みでない人も多いので、ほとんど知られていない話題だと思いま…

バスク旅行記⑮ グッゲンハイム、外から中から

いい加減、グッゲンハイム美術館の中へ入りましょう。最初に入ったのは、実はカフェの利用のため。寒くて寒くてどうしようもなく、とにかく温かいものを飲みたいと思って駆け込んだのです。 おしゃれではあるけれど、別にそれほどでもないなあーーそれにドリ…

バスク旅行記⑭ 狂喜・狂気のグッゲンハイム

私たちが愛してやまないグッゲンハイム・ビルバオ美術館ではございますが、この建物自体をためつすがめつするうちに、この物体というかプロジェクトそのものを表現する言葉は「狂気」であるということに落ち着きました。とにかく、やりたい放題やってしまっ…

東京に春が来たので円空展

昨晩の天気予報を「春がくる」と翻訳した私は、上野に円空展を見に行くことを決めておりました。 激混みが苦手なので、開場と同時に入りたかったのですが、ちょっと出遅れてしまって、到着したときは9:40くらい。すでに、おじーさん、おばーさんたちで結構…

フィンランドのクリスマス・ライトアップバージョン

東京ミッドタウンがフィンランド風のクリスマス・デコレーションになっていることは、以前書きましたが、あの時は昼間だったので、今度はイルミネーションを見に行こう!と出かけてきました。 25日までやっているので、連休中でもいいと思っていたのですが、…

フィンランドのガラス

六本木の東京ミッドタウンにあるサントリー美術館で始まった「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展は、私にとって宝石箱のようにスバラシイ場所でした。主にガラス作品の展覧会です。 入ってすぐ、オーロラを思わせるインスタレーションが出迎えてくれま…

今週のポスクロ活動、8通も来ました!

夢のようです。月曜日にいきなりドンと4通到着。うれしいので、どんどんご紹介します。 No.47 CHINA 「地球はでかい! 世の中の人は色々だ。日本の常識は世界の非常識? もう何でもアリ!を受け入れよう」と痛感させられたカードです。 子供向けおもちゃの郵…

もうひとつのフィンランド展情報

やっぱりフィンランドは今、どうしてもブームです! こんなのやるみたいっすよ。「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展。 このところの北欧ブームを見ていると、この手の展覧会は一定の入場者が見込める「よい企画」なのだとは思います。宇都宮に見に行っ…

六本木、日比谷、銀座めぐり、日本橋でシメ

今日は、身内自慢をさせていただきます。私の80歳になる父が、二科展の写真部門に入選し、きのう、六本木の新国立美術館まで見に行ってきました。 二科展入選を目指す専門の組織に属すことなく、ひたすら地元のフォトクラブで研鑽をつんできたわが父が、初チ…

フィンランド展レポート

正直な話、うちから宇都宮は、行くのがためらわれる遠さです。3時間近くかかるんですよ。それでも行こうと思ったのは、フィンランドへの愛を示すため。頑張って早起きし、湘南新宿ラインというとんでもなく長距離を走る在来線に揺られ、たまに居眠りしながら…

一度消えた日記を見つけました

盛り沢山な一日でした。とてもレポートしきれないので、詳細は後日に。 まず、東京⇒宇都宮。お約束の餃子のモニュメントにごあいさつし、ランチはもちろん餃子です。 そして、宇都宮駅からバスに揺られること25分、宇都宮美術館に「フィンランドのくらしとデ…

印刷美術館とムーミンカフェまでウォーク

待ちに待った曇り空。久し振りに、ご近所ウォークに出かけてきました。 きっかけは、とある方のブログと、私めのブログの読者さん。 まず、前者の方は、postcrossing用の絵葉書を買うために、地方から上京し、わざわざ、印刷博物館その他、都内各所を回った…

ヘルシンキの現代美術館、かっこよかった~

外観は何度も拝んでおきながら、ゆっくり訪れるチャンスがなかった現代美術館キアズマ(Kiasma)。今回はじっくり見てきました。 展示ホールは写真撮影NGですが、内部で撮影可の場所では、激写しました。だって、すごくかっこいいんですもの。アメリカ人建築…

ALESSI と故宮のコラボ

「台湾へ行きたい」と思ったいくつかの理由の上位に、故宮博物館のオリジナルグッズを買うことがありました。お値段はちょっとよかったけれど、本当にほしかったものを買えて、満足です。もちろん、ALESSI以外のグッズもた~くさん売られていました。これじ…

Amazing! Yayoi Kusama

日本が誇るアーティスト・草間彌生さん。 埼玉県立近代美術館の「永遠の永遠の永遠」という個展に行きました。 凄すぎます。 ご自分を「天才」と呼ぶだけあって、作品はものすごくパワフル。 80歳を超えて、この創作意欲と上昇志向に、ひたすら脱帽ーーとい…

One day trip 烏脚病医療記念館と素朴の画家

999元ツアーで行った場所の中で、異色だったのが烏脚病医療記念館です。またの名を黒足病とも言ったこの風土病は、ヒ素を含む地下水を長年、飲み続けたことが原因で起きた一種の慢性ヒ素中毒で、体内や皮膚に悪性の腫瘍が発生しやすくなり、血液循環が悪くな…